すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

おばけの地下室たんけん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけの地下室たんけん 作・絵:ジャック・デュケノワ
訳:大澤 晶
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年01月
ISBN:9784593503902
評価スコア 4.31
評価ランキング 14,203
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろかったです

    おばけが、おとにびっくりしているのがおもしろかったです。

    おばけのほうがこわそうだけど、そう思わないのかな。

    エドワールがチーズをたべてチーズみたいになっているのが、おもしろかったです。

    あなあきのチーズをたべたことがないけど、たべたくなっちゃいました。

    500さいのたんじょうびがすごいと思いました。

    おばけっていつまでいきてるんだろうって思いました。おばけだから、ずっといきてるのかな。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばけのおばけによるおばけのための探検

    • いちご紅茶さん
    • 30代
    • ママ
    • 富山県
    • 男の子15歳、女の子10歳

     おばけということで、夏休み前の、1学期最後の読み聞かせ会に、大型絵本を使って読み聞かせしました。
     おばけなのに電気(照明器具)が消えると怖がったり、開けたことのない部屋のドアに近づきたがらなかったり、子どもといっしょにこわごわ読み進めました。
     結局、おばけがおばけにこわがって、オチは500歳の誕生パーティなんてなあんだと拍子抜けしつつも、ほのぼのとした気持ちになります。もっとおどろおどろしくてもいいかなって思いますが、そこは低学年向けと割り切ってしまえば、「ほらそこに!!!」と、ジェスチャー付きで、読みこなせる「使える」本です。

    掲載日:2010/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気の小ささがおもしろいです

    おばけパーティを読んでから時間が経っているので、すぐにピンとこなかつたのですが、おばけは食べたものの色になるんでしたね。

    二度目に読んでエドワールがチーズおばけみたいになったことに気づきました。

    おばけですが、気の小ささがおもしろいです。

    こわがりなのは、「おばけのジョージー」も同じだなって思いました。

    世の中で一番強いのは年を重ねたご婦人かもなんて、この絵本を読んで再認識しました。

    なぜかは、読んでのお楽しみですけどね。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけの地下室たんけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット