もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ぶん ぶん ぶるるん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぶん ぶん ぶるるん 作・絵:バイロン・バートン
訳:手島 悠介
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1975年
ISBN:9784593500024
評価スコア 4.17
評価ランキング 17,496
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私が大好きな絵本なのに、子どもは最初だけ読み聞かせにつきあってくれたものの、その後、一度も本棚からひきだしてきてくれることのない一冊です。バイロン・バートンの他の絵本は大好きな子どもなのに。ぶんぶんぶるるん、蜂さんの一撃がいつのまりやら牛さんの一撃になり、そして蜂さんの一撃に戻り、ぐるぐるぐるぐると巡ります。それでも自信を持っておすすめしたい。この絵本が好きな子どもはいるはず。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • イライラの連鎖

    2歳の息子と読みました。息子は同じ作者の「でんしゃ」や「とらっく」などの、のりものえほんがお気に入りなので、同じく鮮やかな色合いのはっきりした線の挿絵に惹かれたようです。
    ハチが牛のお尻を射したことが事の始まり。牛は怒っておばさんを蹴飛ばし、おばさんは怒って旦那にやつあたり、旦那は怒ってラバをひっぱたき・・・と、どんどんイライラが連鎖していきます。ついにしっぽを噛み付かれたネコが小鳥を追いかけ、小鳥はハチをみつけて追いかけ、逃げるハチの先には、なんとあのウシが現れます。
    リズムの良い文章がとても心地よく、ユーモアたっぷりの挿絵にピッタリです。因果応報を語っているのに全く説教臭さがなくて痛快。ついイライラしてしまう私も、素直に「ああ、イライラしないようにしなくちゃ」と思えました。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の絵、動物たちや人間が並んでいますが、みんな怒っているのです
    気になって手にとって見ました。

    ぶんぶんぶるるん ミツバチが雄牛をチクリ!!雄牛は不機嫌
    →雄牛は牝牛を追いかけて、牝牛は不機嫌
    →牝牛は、ミルク搾りのおばさんを蹴飛ばし、おばさんは不機嫌
    →おばさんは、おじさんに八つ当たり、おじさんは不機嫌・・・

    そんな不機嫌の連鎖が物語を作っています。
    どこが始まりで、どこが終わりで、誰が悪くて、誰が悪くない。。。
    そんな答えがない、エンドレスなお話です。

    前のページで怒ってなくても、次のページでは怒った顔!!
    わが子はそれがおもしろいらしく、指差しては「おこってる〜」と笑っています。

    掲載日:2010/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不機嫌の連鎖

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「ぶんぶんぶるるん」って何?と思って図書館で目に付きました。
    一匹みつばちからどんどん不機嫌が伝染していくおはなしです。リズミカルな言葉にのせて不機嫌の連鎖はエンドレスに続きます。終わりまでたどりついても終わりじゃないのですね。どこかで不機嫌を断ち切らないといけないよ、というメッセージが含まれているのだとは思いますが、個人的にはご機嫌の連鎖が見たいです。
    2歳のころに読んだときはまだこの本の面白さが理解できていないようだったので、もう少し大きなお子さんの方が楽しめると思います。

    掲載日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怒っているけど…

    くもんの推薦図書に入っていたので、借りてみました。
    子供は「悪い事をしたら、怒られる」というのは分かっていますが、表紙の絵でみんなが怒った顔をしているのが不思議みたいです。「なんで、みーんな怒った顔してるんだろ!」と言います。
    怒った顔をしているけれど、どこかユーモラスなのが不思議です。

    1匹の不機嫌なハチが雄牛をさして、その雄牛が…と次々に八つ当たり。最後にまた、ハチの元へ戻ってきます。
    「人に当たっても、回り回って自分にかえって来るから、八つ当たりは止めましょう」
    みたいなお話かと思ったら、またハチは雄牛をさして…とエンドレスに続きそうです。

    今でも面白くて気に入っていますが、もう少し大きくなったら、もっと喜んでくれそうです。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムがあって好きなのかな

    外国の本なので色が少しきつい感じがしますが
    子どもは好きなようで「ぶんぶんぶるるん」とよく言っています。
    読んでいてリズムがありテンポがよいとは思います。そこが子どもは好きなのかな。最後が最初につながるお話なので終わりがありません(笑)
    4歳の友だちの子も「この本おもしろい」と読んであげると大爆笑でした。どこかに子どもを惹きつける魅力があるんでしょうね。

    掲載日:2009/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぶん ぶん ぶるるん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / うんちしたのはだれよ! / ちびゴリラのちびちび / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット