十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぶたぬきくん まちへいく」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぶたぬきくん まちへいく 作:斉藤 洋
絵:森田 みちよ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年6月
ISBN:9784333018796
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,912
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 文明とは?

    4歳7ヶ月の息子に読んでやりました。森をでて町に行くことになったぶたぬきくんのお話。シリーズで読んでいくとよくストーリーの展開がわかります。観たこともない世界への憧れをあらわしたのがこの絵本のテーマでしょうか?いわゆる文明というものです。でも、その文明の象徴が犯罪や危険というものもちょっと渋いなーと思いましたね。いきなり銀行強盗の犯人に疑われてしまうのですから・・・。こういう展開はちょっと子供にはわかりにくいかも。その反面、最後は遊園地や公園などの子供の大好きなものを楽しむことで終わらせているので、まあストーリーとしてはいい感じ。息子もそれなりに楽しんでいました。

    個人的には、このイラストが鳥山明のドクタースランプに似ているような気がしてくすくすしていました。時々、マンガのようなコマ送りなので、息子がそれにどれだけついていけたかはちょっと不明。また少々長めのだらだら感があったのがちょっと残念。でも、ぶたぬきくんのあたらしいものへの憧れに目をきらきらさせて読み入っている息子を見るのが楽しみですね。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぶたぬきくん まちへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / はじめてのおつかい / こんとあき / おつきさまこんばんは / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット