雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ゆめくい小人」 大人が読んだ みんなの声

ゆめくい小人 作:ミヒャエル・エンデ
絵:アンネゲルト・フックスフーバー
訳:佐藤 真理子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1981年11月
ISBN:9784034251607
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,399
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モモの人だなと思いながら読みました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    実はモモは読んだ事がないんですがね。読んでいる間、ずっと夢の中にいるような感じでした。地面に足がしっかりとついていないというか。お世辞にも可愛いとは言えない化け物が眠れないお姫様を救って下さり、お父さんは安心したでしょうね。

    掲載日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれのこわいゆめ

    まどろみ国のお姫さまは怖いゆめが恐ろしくて
    ねむれなくなってしまいました。
    そこで王様はこわいゆめをとりのぞく方法を探しに旅に出ます。
    そして、旅のはてに行き着いた先に、
    「ゆめくい小人」があらわれました・・・。

    子どもの頃何度も読んだ本。
    タイトルもちょっと怖くて、黒い表紙も印象的でした。
    特ににゆめくい小人と、その登場シーンの背景の木が
    不気味で不思議で忘れられませんでした。
    話は記憶が薄れていてゆめくい小人が怖いイメージが
    ありましたが、悪い小人ではなく
    悪い夢を食べてくれる小人だったんですね。

    誰にでも「こわいゆめ」はみたことあるもの。
    物語のキーワードである「こわいゆめ」ですが、
    それがどんなものか、具体的には述べられず
    ゆめくい小人が食べているシーンだけ。
    読み手それぞれが自分にとっての怖い夢を想像し、
    思い浮かべる事ができます。
    そこがこの話のすばらしいところでもあると思いました。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外性が面白い

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    へえ、エンデの絵本なんだ、と興味を持った「ゆめくい小人」。
    読んでいる途中で「これはいい!」と思いました。

    何が良いって、絵です。
    綺麗な色なのに、どこか不安をあおるような、不思議で個性的な絵。
    それが文章との相乗効果で、ストーリーを盛り上げています。

    こわい夢を見て眠れない王女さまのためにおふれを出すところまでは、
    よくある童話のようですが、王様自身が旅に出るなんて!
    そして、その場面の絵は、アイロンをかけているお妃様!!
    部屋も庶民の家ぐらいに狭くて、何だか笑っちゃいます。

    絶対腹黒そう!と思ったゆめくい小人が、どこまでも親切だったり、
    お城まで戻るためのかけひきなんかも、王様がちょっと情けなかったりと、
    意外性がすごく面白かったです。
    これは、子どもとは読まずに、ひたすら自分が読んで楽しみました。

    掲載日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆめくい小人」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / よるくま / どんどこ ももんちゃん / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット