ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン 作:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784591069448
評価スコア 4.49
評価ランキング 6,977
みんなの声 総数 83
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ルラルさんシリーズで一番好き

    • ひろぽんたさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    ルラルさんシリーズは息子が大好きです。息子が図書館でもってきた1冊から始まった出会いです。
    中でも読んだ私自身が大好きなのがこの「バイオリン」のお話です。
    じーんときます。
    子どもよりも大人の方に手にしてもらいたい一冊です。

    掲載日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ギコギコキー

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    絵本の中の擬音、読み聞かせの際
    上手に読むのが苦手で悩むポイントだったりします。

    ギコギコキーキー
    ギコギコキー

    お尻がむずむずするような音って?
    ルラルさんのひくバイオリンの音はどんなでしょうか。
    きっと愉快な音なんでしょう。

    お父さんみたいにひきたかったルラルさん。
    お父さんがいなくなり、
    うまく出来ない歯がゆさから、ひかなくなったバイオリン。
    みんながおしりふりふり聴いてくれて、
    とうとうルラルさんのお尻が仲間入り。
    ルラルさんの庭となかまたちは
    そんなルラルさんの悲しい思い出を楽しくしてくれました。
    ルラルさんの子ども姿が出てきたり、感傷的な気分にもなりますが、
    ユーモラスな結末ににっこりできます。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかった!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    いまいちバイオリンの音色をわかっていない息子たちにとっては
    おしりがかってに笑いだすみたい・・・という
    今まで経験したことのない表現に笑い転げていました。
    そしてお友達の動物たちがおしりふりふりしている様子には
    大笑いでした。

    わたしは何とも複雑な気持ちでよんでしまいました。
    大人になると幼少期のことを思い出しては
    親の気持ちはこんなだったかな?と目頭が熱くなることがあります。
    ルラルさんにとってバイオリンはお父さんとの関係で
    なにか引っかかりがあったのでしょう。
    長い間、バイオリンをやめてしまったことを後悔していたのでしょうか?お父さんとのバイオリンの時間を持てなくさせてしまったことを悔いていたのでしょうか?
    わかりませんが、たくさんの仲間たちがおしりをふりふりさせて
    引っかかりを解いてくれたような気がします。
    よかった!

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父との思い出

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    ルラルさんのバイオリンに深い思い出があったなんて・・
    思わず感動してしまいました。
    ムズムズする音色も味なんですよね。
    ワニがサラッという言葉も素敵でしたよ。
    親の思いは、お父さんのような音色が出せることよりも
    バイオリンを好きになってくれることのほうが
    うれしいことなんでしょうね。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出のバイオリン

    ルラルさんが年に1度か2度こっそり手入れするバイオリン。
    なんで手入れだけで弾かないのかなと思って読み進むと・・・

    バイオリンって自分も弾いたことはないのですが
    音が出るまでが大変だと聞いたことはあります。
    ルラルさんはオーケストラの一員のお父さんに
    しっかり習ったんだと思います。
    でもなぜか良い音が出ない。
    でもその音が動物たちには・・・

    子供たちは動物たちのしぐさが可愛くて
    笑って楽しく読んでました。
    楽しい絵本です。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット