となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

アリクイのアーサー」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

アリクイのアーサー 作・絵:バーナード・ウェーバー
訳:みはら いずみ
出版社:のら書店
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784931129412
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,831
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おかあさんの優しさ

    アリクイのアーサーとお母さんとの会話でお話が進んでいきます。
    5つの章から成り立っています。
    アーサーの「アリクイはどうしてアリクイとよばれているの?」の質問や「何にもすることがないよ〜」という子供らしい訴えにもお母さんは、優しく答えます。
    最後の章では、アーサーが忘れ物をして何度も家に戻ってきます。
    最後にアーサーが忘れたものは、???
    お母さんが、いつもアーサーのことを暖かく見守っている姿勢が、伝わってきて、こちらもほんわかした気持ちになれます。

    絵にもそれが表れています。お母さんの視線の先が必ずアーサーを見ているのです。時にはちょっと怒っていたり、知らんぷりしていたりしますが・・・。お母さんの目の表情にも注目してみてください。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アリクイのアーサー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / うずらちゃんのかくれんぼ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おいしい冒険のはじまり、はじまり〜!!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット