モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

おじさんのかさ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

おじさんのかさ 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784061318809
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,112
みんなの声 総数 138
「おじさんのかさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さされないかさ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    りっぱなかさを大事にするあまり、雨が降ってもささないなんて!いったいなんののためのかさ!?
    りっぱなかさを持ったおじさんがいきなり「いっしょにかさにいれてください」と入ってきたら「ええー???」ってなってしまうでしょう。
    歌を歌って楽しそうに歩くおじさんは無邪気でかわいいいです。
    2歳児にはまだ難しかったようなのでまた大きくなってから読もうと思います。同じく自分のかさが好きな我が家の2歳児はおじさんとは逆でかさが使いたくてたまらないのでピンとこなかったのかも。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日もいいですよね

    おじさんはりっぱなかさをもっていました。
    だいじなかさは、あめがふってもひらきません。
    だけど・・・。

    私自身、幼いころに読んだ思い出の本です。

    「あめがふったらポンポロロン
    あめがふったらピッチャンチャン」

    このフレーズが息子も私も大好きで、雨の日に
    出かけたとき
    「ぽんぽろろんって音する?」って息子は真剣に
    聞いてきました。


    佐野さんの絵本、奥が深くて本当に大好きです。
    雨の日が楽しくなりますよ。

    掲載日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじさんとこどもとおくさんと

    大事な大事な傘を濡らすなんてもってのほか
    おじさんはいつも傘を持ち歩いているのに決して濡らしません。
    雨の日は傘をかばって歩いたり人の傘に入ったり。

    笑いをこらえて大真面目に読むのに苦労するところです。

    ところがある日、子供たちの歌を聞きます。

    あめがふったらぽんぽろりん
    あめがふったらぴっちゃんちゃん

    なんて楽しそう
    気になって気になって気になって、ついに傘を開いてしまったおじさん

    見開き使っての大きな傘の絵です。
    黒い傘なのに期待が膨らむ明るいかんじがするのが素晴らしい。

    初めて傘をさして雨の中を歩いて大満足のおじさん
    家でおくさんが「あら、傘を差したんですか」って静かに驚いているのがまた憎いです。
    夫のこだわりを認めて見守るよき妻の姿が描かれた子供の絵本なんて貴重ですね。


    さてひとつ気になるのは歌のリズム
    私の読み方とパパさんの読み方では全然違うのです。
    勿論自分の方が適切と自負するものの、この絵本はパパに読んでもらうほうが多い娘、どっちを採用してくれるのかしら。

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜおじさんはかさを使わないの?

    2歳11ヶ月の息子に読んでやりました。おじさんは傘が必要な場面でもなぜか傘を使いません。そのおじさんが、子ども達の歌をきっかけに使うことになるというお話でした。

    傘を使わないおじさんの気持ちがイマイチ伝わりにくいストーリーでした。おそらく、きれいでいて欲しいからというだけなのかもしれませんが、それが謎です。それをもっと前面にだしてあげないと、息子は傘を使わない理由が分からなかったみたい。こちらが一生懸命理論的に状況を説明しても、その根本的なところがあやふやで、なんかしっくりこないようなのです。

    大人がとくにそうですが、ものを大事に使おうとする様子を描いているのかな?とも思いますが、もう少し説明がないと、子どもには伝わりにくいですね。

    かさのおはなしということで読んであげるにはおもしろいのではないでしょうか。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ガンコオヤジの話

    おじさんの自慢は、傘。
    汚れるのは絶対許せないので、
    雨が降っても決して傘はささない!

    という、おじさんの徹底振りが笑えます。

    ある雨の日、公園で遭遇した子供たちが
    楽しそうに傘をさしているのを見て、
    おじさんは感化されてしまいます。

    ついに傘を差してしまったおじさんの運命やいかに・・・!

    しかしあれほど徹底していたのに、
    子供たちが楽しそうってだけで、傘をさしてしまうなんて!
    人間の心ってこんな簡単なことで折れるもんなんですね。。。

    でも確かに、子供たちの、

    「雨が降ったらビッチャンチャン 
     雨が降ったらポンポロロン♪」

    という歌、歌いようによっては、とっても楽しそうに聞こえます。
    当時2歳の息子も気に入ってよく歌っていました!

    掲載日:2010/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物の使い方!

    2歳の子供にはまだまだ早い本だけど、
    読んでみました。

    大切なものだけど、ただしく使わなければ
    本来のそのものが持ってるよさが出ない。
    人も物もいろんなところで役割があるのだと
    子供に教えれたらと思います。

    掲載日:2010/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポンポロロン、ピッチャンチャン♪

    2歳の息子にはまだ傘は早い、レインコートで十分だと幼児用の傘を買ってあげていなかったのですが、この本を読んだ直後から
    「傘をさしてみたい、おじさんがさしてたヤツがいい!」と大騒ぎ。
    すぐさま傘を購入し、おじさんになりきって
    「あめがふったらポンポロロン、ピッチャンチャーン」
    と大声で口ずさみながら雨降りを楽しんでいます。
    少し憂鬱だった雨の日の外出も、この素敵な呪文のおかげで楽しめるようになりました。

    それにしてもお話の前半のおじさん、傘を濡らさないための努力がなんとも滑稽で、読んでいて思わずにやりとしてしまいます。
    子どものひとことをきっかけに、奇妙な行動を改めるところはなんだか「裸の王様」を連想させます。
    初めて本来の使い方で傘を楽しむ無邪気な姿はまるで子供のよう。
    ラストの場面で奥さんが
    「あら傘をさしたんですか?雨が降っているのに」
    というセリフはなんともユーモアがあっていいですね。

    掲載日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おじさんのかさ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぶーちゃんとおにいちゃん / ありのあちち / こんとあき / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(138人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット