ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おじさんのかさ」 大人が読んだ みんなの声

おじさんのかさ 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784061318809
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,120
みんなの声 総数 138
「おじさんのかさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 男のこだわり

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    この本、確か小学1年生の
    国語の教科書に載っていたと思います。
    実際、学校で習ったような記憶があります。

    何となくの内容を今もなお覚えていたので
    それだけインパクトのある物語だったんでしょうけど
    大人になった今読み返してみると
    他人には理解しがたい「男のこだわり」というものを
    絶妙に描いた作品だな、と思いました。

    そして、たいてい
    そういうこだわりを取り去ってみた方が
    案外楽しかったりするのだということも
    今となっては同意できます。

    実は子ども向けというよりも
    大人向けなのかもしれません。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • おじさんの気持ちわかります!

    雨なのに傘をささないおじさん。
    理由を知って、ほんわかするとともに共感しました。
    大切にするがゆえに雨の日に傘を使わない。おじさんの傘を想う気持ちわかります!
    でも子どもたちが楽しそうに歌いながら傘をさしているのを見て、自分も同じことをしたくなるおじさんがなんだか可愛い。そして濡れた傘を見て言ったひとことが深いです。
    物を大切にする気持ちとその物の意味を考えさせられる物語でした。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしかった

    • コユタンさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳、女の子5歳

    自分の小学一年生の教科書に載っていたお話。
    子供と図書館に行ったときに探して三十数年ぶりに読みました。

    お話の結末は忘れていましたが
    本を開いて一文を見た瞬間なつかしさで涙が溢れてきました。

    子どもにも読み聞かせして楽しむことができました。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりすぎる

    モノに愛着を持ちやすかったので、おじさんの気持ち、わかりすぎるくらいわかります…。
    特に気にいったものだと、大事にしすぎてなかなか使えないところなど。
    でも、おもいきって使ってみたら、やっぱり、使ってこそだとわかるところも。本来の用途をはたしているモノは、更にかっこ良いですから。
    大事な傘をつかってみようと思う過程が、自然で、素敵で、心にのこります。梅雨時になると読みたくなる絵本です。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨のメロディ

    黒くて細くてぴかぴか光った、おじさんの大事なかさ。
    おでかけの時にもいつも持っていく、自慢のかさ。

    でもこんなに素敵で立派なかさなのに、濡れるのが嫌だから!と、かさをささないおじさん…

    ポンポロロン ピッチャンチャン

    すると、かさをさして嬉しそうに歌う子どもたちの声が聞こえてきます。

    ポンポロロン ピッチャンチャン

    気になって仕方がないおじさんは、思いきってかさを広げてみることに…

    ポンポロロン ピッチャンチャン

    かさに水が落ちる音、歩くと水のはねる音。

    帰り道、子どもみたいにはしゃぐおじさん。
    雨の日の楽しさを知ったおじさん。

    やっぱりかさはかさらしいのが、一番美しいのですね!おじさん!

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の傘が濡れること

    傘はいったい何のためにあるのだろう。
    私もあまり傘をささない派ですが、ここまで徹底的に皮肉られるとちょっと…。
    傘は雨が降った時にさすものだと、当たり前のことに気づかされたおじさん。
    さして楽しい傘も、またいいものではないでしょうか。
    とまれ、この絵本は自尊心とか物事に対する一面的なこだわりとか、結構理屈っぽい絵本と見ました。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 傘も喜んでいるでしょう

    大事な大事な傘なんですね。
    本当によくわかりました。
    でも、やっぱり使ってもらいたいですよね。
    広がって雨に濡れている傘は、嬉しそうに見えました。
    そして、傘たてで滴を落としている傘からは、「おじさんを雨から守った」という誇らしさも感じました。

    掲載日:2012/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大事なものに対する気持ち

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    佐野洋子さんの世界がつまった絵本はどれも大好きです。
    おじさんが大事にしている傘、雨でも大事なので使わない。
    そんな気持ちって小さな子も大人もみんな一緒なんだな〜と思いながら読みました。
    大事にとっておいて、使っていないもの意外とあります。
    でも、使ってみるとさらに素敵なところが見つかるという最後がとても気に入りました。
    今2歳の息子がこれから大きくなり、同じような局面に出会うと
    この絵本を読んであげたいなと思います。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大事なものって?

    • やおんさん
    • 30代
    • その他の方
    • 千葉県

    誰にでも“大事なもの”ってとっておきたい気持ちありますね。
    子供の頃、お気に入りの傘を選び、買ってもらうのが嬉しくて、壊れた時は悲しくて。それでも、近所の傘屋さんに行けば直してもらえて、魔法にかかった気分でした。
    今では100円の傘が多くなり、雨の日もつまらないものです。

    おじさんの“大事なもの”はその“傘”。
    でもあまり大事過ぎて、傘としての役割は果たしていない様子…。

    読んでいる間、思わず心が躍りだしそうな気分で大人も子供も楽しめるものだと思います。一緒に読んだ方はお孫さんがいらっしゃるくらいの年齢の方でしたが、本当に楽しそうに読んでくれました。
    大人が大人に読んでも、子供によんでも誰もが楽しい作品かもしれません。

    雨が少し待ちどうしく、傘をもって出かけたくなる…。そんな気分になります。そして、物を大事にする心を学ぶことができる作品だと思います。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 使ってこそなんぼ!

    おじさんの傘は、とても立派なんです。
    黒くて細くてぴかぴか光った杖のような傘。

    ところが、おじさんは傘が大事すぎて、傘を使おうと
    しないんですよね。
    傘を持っているのに使わないおじさんの姿が
    とてもおもしろおかしく描かれています。

    あまりにも大事にし過ぎると、本来の物の役割が果たせていない、
    使いこなせていないってことがありますよね。
    これはまさにそういう状態。
    本来の役割を果たしてこそ、そのものの価値がありますよね。

    おじさんの傘も、宝の持ち腐れで終わってしまうのか?と思いきや、
    あるきっかけで新たな魅力を発揮していきます。

    使ってこそなんぼ!使われてこそなんぼ!
    ちょっと大袈裟かもしれませんが、使う側と使われる側の立場を
    うまく表現されているように感じました。

    おじさんの奥さんがびっくりして発した、
    「あら、傘をさしたんですか、雨が降っているのに」の言葉に
    大笑いさせてもらいました。

    掲載日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おじさんのかさ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぶーちゃんとおにいちゃん / ありのあちち / こんとあき / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(138人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット