だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

むかしのこども」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

むかしのこども 作・絵:五味 太郎
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年
ISBN:9784893091499
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,295
みんなの声 総数 20
「むかしのこども」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どこから昔なの

    「むかしはね」ってよく言う。
    「むかしだね」ってよく言いかえされる。
    どこからが昔なんだろう。
    この本も出版されたのは昔だ。
    この本に描かれた昔だから、昔よりもっと昔のことだろう。
    でも、よく考えたらそんなに変わっていない今があるような気がする。

    「いまはね」ってよく言われる。
    「いまの子は」ってよく言ってしまう。
    よく考えたら、今もどんどん昔になっているじゃないか。

    なんとなく、自分たちの子ども時代とは違っているのだけれど、子どもは子どもなんだと思ったら、「なんだ、あまり変わっていないじゃないか」と思ってしまう。
    今も昔もずっとつながっているんだと、当たり前のことがとても大事に思えてくる。
    気が付いたら、自分だけは年をとってきた。
    「むかしは」っていうのは、子どもに対するひがみかもしれない。

    五味さん。
    この絵本はそんな本ですね。

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 形を変えて今もですが・・・

    • 虹花さん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子9歳

    「むかしのこども」はすることが多くて忙しかった、らしいです。
    でも、今、便利になって昔は自分でしていたことも「機械にお任せ」になっても、他のことで忙しくなっている気もします。
    それでも、みんな生き生きと楽しく過ごしていたのだということがとてもよく伝わる楽しい一冊だと思います。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「むかしのこども」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だるまさんが / ちょっとだけ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット