ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

いつも だれかが…」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

いつも だれかが… 作・絵:ユッタ・バウアー
訳:上田 真而子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2002年12月
ISBN:9784198616267
評価スコア 4.79
評価ランキング 383
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • このような謙虚な気持ちでいたい

     死を迎える直前に、このおじいさんのような謙虚な気持ちでいたいものだと思います。
     たとえどのような死の迎え方であっても。
     確かに、ここまで生きてこれた、いえ生かされてきたということは、恐ろしい奇蹟ににも思えます。
     何かはかり知れない見えない力(愛の手)に守られて来ているのだと。

     本当に心癒される作品です。
     子供にはなかなか伝わり難いかな?と思いながらも薦めたら、「ぼくは、天使さんよりおじいちゃんかな?守られてるって感じがするもの」
     
     作中の天使さんの不休のお勤めぶりに、労いの声を掛けたくなります。
     私たち人間は、お構いなしにあちらへこちらへ人生の舵取りを一人でしているように、思い込んでいることが多いんですけれどね。
     天使さんに感謝をしなくちゃ。
     
     “ドイツで異例の書店店頭での平積みが続いている話題の絵本”というのも、友人ヨーゼフ(ユダヤ人)が忽然と消えるくだりから、戦中戦後の苦しい時代を切り抜けてきたおじいちゃんの人生に、共感する方が多いからだと思いました。

     親子でいろんなことが語り合える一冊だと思います。

    掲載日:2010/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いつも だれかが…」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / わすれられないおくりもの / パンダ銭湯 / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット