なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…

わんわん なくのはだあれ」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

わんわん なくのはだあれ 作:多田 ヒロシ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1997年06月10日
ISBN:9784772101417
評価スコア 4.03
評価ランキング 18,252
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本の定番!!

    これぞ幼児の絵本の定番!!と、自信を持って
    おすすめできる絵本です♪
    鳴き声が聞こえてきて、ページをめくると、
    その動物が登場します!!
    めくるたびに、次は何が出てくるのかなって
    とっても楽しみになります!!
    多田さんのシンプルな絵がとても大好きで、
    なんだかとっても懐かしい気持ちになりました!
    絶対に子どもうけする1冊だと思います♪

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみに食べられたくないなぁ

    動物の鳴き声を示した本。動物はいろんな鳴き声で鳴くことを教えるには、良い本だと思う。
    でも、この本はただの鳴き声の本ではない。夜、うぇーんうぇーんと鳴く子どもに対し、「なくこは おおかみがたべにくるよ」という意外な文章で本は締めくくられている。泣いている子どもを戒める本だったのかぁ・・・。子どもはびっくりして大人しくなるだろうなぁ。だけど、おおかみが食べにきたら・・・と思うと、怖いなぁ。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わんわん なくのはだあれ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / こんとあき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


困っているぼくのところに本物の神様が!

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.03)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット