おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

わんぱくだんのはしれ!いちばんぼし」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

わんぱくだんのはしれ!いちばんぼし 作:上野 与志
絵:末崎 茂樹
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1993.4
ISBN:9784893255839
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,357
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夢があっていいと思います。

    古くなった乗り物が飾ってある博物館のような

    ところは何度もいったことがあります。

    大きくて迫力があって!

    乗ったとき動いたらいいな〜と誰もが思うと思います。

    このお話はまさにそんなお話で、しかもくもの上に行くんです。

    勢いよく走っている様子が絵からとても伝わります。

    現実の世界に戻ったとき、ポケットに入っていた

    雲がとてもステキだと思いました。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • プラネタリウムみたい

    4〜5歳児に読みました
    電車が好きな子どもにはもうワクワクしてしまう内容ですね
    「わんぱくだん」が定着してきたので、子どもたちは絵本の中に何かお話のヒントがあるかもと真剣に見ながら「あっねこがいる!」と気がつきます
    公園にある汽車が動くなんて、こどもにとったら夢のように楽しいでしょう
    くものソフトクリームやわたがし出てくると「食べた〜い」と声が・・・
    おおひらきの場面では「わぁプラネタリウムみたい〜」
    お話が終わると「やっぱり夢じゃないんだよね」と念を押す子どもたちでした

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎをよぶ わんぱくだん!

    わんぱくだんの集まるところ、絶対何かが起こります!
    このシリーズの最大の魅力は、主人公が“普通の子どもたち”のところ。
    だから、「自分たちにも起こるかも!!」って気にさせられます。
    そして、起こる“ふしぎ”は、子どもなら、誰もが空想しそうなこと。
    それが現実になっちゃうんだから、子どもたちの気持ちを掴まないハズもないです!

    今回のお話は、引退した蒸気機関車が動き出すというもの。
    向かう先は、雲の上☆
    雲のソフトクリームに綿菓子!これまた、子どもにはたまらない!!
    娘は、しきりに雲の味を気にしてました(笑)
    どこまでも広がる銀河。これは、ちょっとした仕掛けになってます♪
    空想を実現してくれるわんぱくだんシリーズ☆いいですよぅ♪

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいなーわんぱくだん

    このシリーズ好きです。
    子どものころ、こんな風に男女関係なく仲良しな気の合う友だちと
    冒険したなぁ〜と思い出が蘇ります。

    この絵本に出会う前に、出かけ先の公園にSLがあって乗りました。
    そのときの楽しさもあってか、ぐんぐん引き込まれて聞いてました。

    雲のわたがしやソフトクリーム。
    子どもの頃そんなこと考えたりしたなぁ〜なんて思いつつ。
    絵本の中では、わんぱくだんが手にしているんですもの。
    最高です。

    「食べたい、ソフトクリームがいい!」

    夢が広がる絵本ですね〜

    掲載日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園からくばられました。

    次男が幼稚園で頂いてきたので読んでみました。
    年長くらいの子がわくわくドキドキする内容だと思います。
    公園にあった機関車が空を飛ぶなんて夢があっていいですよね。
    次男もジーっと最後まで聞いていてくれました。
    この絵本、私は知らなかったのですが、シリーズがあるみたいで…
    次男も興味があるようなので、また借りて読んでみたいと思います。

    掲載日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠い☆へのあこがれ

    わんぱくだんシリーズは小学生の兄姉も大好きです。
    今回のはしれ!いちばんぼしはまだ見たことのないSLに乗って冒険です。

    5歳の娘が「いいな、いいな!!」と羨ましそうにしていました。
    SLのある公園に行ってみたいと言います。

    娘とわたしはいつも、近所の友だちと自分をわんぱくだんの3人に見立てて読んでいます。

    こんな冒険してみたい!
    と思わせる想像するのが楽しい1冊。

    特に夜空への憧れ、銀河や星へのあこがれは大人になった今も。
    SLが空を飛ぶなんて、夢がいっぱいです。

    出てくるネコも、このストーリーになくてはならないものですよね。
    わくわくが楽しい1冊です。

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • リタイアしても大活躍

    幼稚園での読み聞かせ会で年長さんに読みました。

    わんぱくだんの三人組が公園に置いてあるSLに乗り込むと、なんとそのSLが動き出して・・・・。
    とても夢のあるお話です。

    SL、全国何箇所かで観光用に運転されてはいますが、実用的な運送手段としてはもう使われなくなっていますよね。
    でも、現役を引退したSLたちが、こうやって活躍!しているのかなと思うとなんだか嬉しくなっちゃいます。

    夜の星空を走るページが秀逸です。
    見開きになっているのですが、とてもとても神秘的です。
    読み聞かせのときも、子ども達の「うわーーー!」という歓声があがりました。

    わんぱくだんシリーズ、他のものも読んでみたいなと思いました。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わんぱくだんのはしれ!いちばんぼし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。


「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット