ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

とおいところへいきたいな」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

とおいところへいきたいな 作・絵:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1978年
ISBN:9784572002440
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,642
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • それぞれの理想郷

    センダックの絵本をまとめて読んでみた中の1冊です。その中では、『かいじゅうたちのいるところ』と並んで小さな子でも理解できそうな内容でした。

    皆が現実の生活に不満を持っていて、一緒に遠いところに行くものの、皆の理想が違うために結局喧嘩別れになり、主人公マーチンも家に帰るというお話です。

    繰り返し、冒険、動物と小さな子供にも馴染みやすい内容です。でも単純すぎないところがいいですね。大人が読んでもはっとさせられます。

    息子は馬が大きすぎて「とおいところ」に入れず、首だけつっこんでいるシーンが一番のお気に入りでした。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • コミカルな語り口

     ママがぼくの話を聞いてくれない!
    こうなったら家出してやる、遠いところへ!
    ・・・それって、どこ??
    僕の話を聞いてくれる人のいるところ!
    ここに集まったみんながみんな、同じことを思ってる。
    ・・・だけど。
    それって、ここにいるみんなじゃないみたい。
    それって、ここじゃないみたい・・・。

     大人目線で紐解くと、なんと単純でなんとささいな・・・と思うけれど、子どもにとっての時間は、一瞬一瞬がすべて。
    そう考えると、ちょっと切なくなってくる。
     センダックの世界的代表作となった「かいじゅうたちのいるところ』と同じ空気感があるけれど、こちらのほうがずっとラフで肩の力が抜けた印象。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とおいところへいきたいな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / ごぶごぶ ごぼごぼ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット