だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

うさこちゃんのにゅういん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

うさこちゃんのにゅういん 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1982年05月
ISBN:9784834008821
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,148
みんなの声 総数 48
「うさこちゃんのにゅういん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 病院は嫌だよね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    病院で入院するうさこちゃんの怖がる心に同意です。
    入院は大人でも不安になります。
    先日、子供が入院したので読んでみました。当たり前の話ですが親としてはやはり子供には常に元気でいてもらいたいです。
    しかし怖くても嫌でも悪いところはしっかり治してもらわないとね!というメッセージを込めて子供に読みました。
    ラストのうさこちゃんが実に子供らしいですね。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単純なうさこちゃん

    うさこちゃんがのどを痛めて、入院して痛いところを治してもらい
    病院が好きになって退院していくというお話。

    うさこちゃんの絵本は中身がとても単純なせいか、2歳を過ぎた頃から娘がはまっています。
    病院にいきたくないと言ってたのに、お母さんがいれば大丈夫。
    入院中にプレゼントをもらうと入院が好きになる。
    私は、うさこちゃんのいつも単純なところが好きです。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入院ってこわくない

    先日二歳の子どもが入院しました。
    入院前に、私たちが手術や入院と言葉にしていて
    少し不安になってきたので
    入院についての本を探していました。

    こちらは、わかりやすくて
    幼い子にも入院って怖くないなって思う本です。
    うさこちゃん、の部分を子どもの名前に置き換えて
    読みました。
    注射などちょっと怖い部分もあるけれど
    先生や看護婦さんが優しいね、と声をかけながら
    読むと、
    子どもも入院、病院、せんせい、と
    言葉にするようになりました。

    絵本のとおりに退院のときは
    プレゼントを渡しました。
    本と一緒だったので喜んでいました。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。うさこちゃんがにゅういんしてしまうお話です。でも、最後はちゃんと良くなります。この本は病院に行って注射したり、入院したりする前に読めばちょっとはコワイ想いが取れるんじゃないかな、と思います。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目を背けた息子・・・

    ディック・ブルーナのうさこちゃんシリーズに魅了され、何冊も借りてきて読んでいます。

    うさこちゃんはきっと扁桃腺の手術をしたのでしょうね。ヨーロッパでは除去することが多いと聞いたことがあります。

    息子は2ヶ月ほど前に入院した経験があったので、感情移入して聞くかと思いきや、思い出したくなかったようで、目を背け、聞いていませんでした。それも性格と思い、1度しか読みませんでした。

    私自身は、この古いタイプのうさこちゃんの絵が気に入っているのですが、我が家では買うことはなさそうです。

    掲載日:2010/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    有り難い限りですが、病院には余り縁のない孫と一緒に読みました。孫はあまり分かっていなかったようです。でも、うさこちゃんが病気ということは理解したようで「かわいそうねー」と何度も何度も言っていました。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • にゅういんしてみる?

    ちょうど「いもうとのにゅういん」という絵本も読んでいたので、「にゅういん」というものがどんなものか、娘は知っていました。
    でもこの絵本もそうですが、お見舞いに何かもらえるということが気になるようで、「いもうとのにゅういん」ではほっぺこちゃん、このうさこちゃんはかんごふにんぎょうをもらっていました。
    なので、娘は「にゅういんしてみる?」と聞くと「いや」とは言わず、「いいよ」と言っていました。
    いくら「ママと一緒じゃなくて一人で寝るんだよ」と言っても「いいよ」という返事でした。ものがもらえるというところが一番の理由なんだと思いますが…

    きっともう少し大きくなったら、「いや」と言いそうな気がします。

    掲載日:2010/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしゃさんごっこ♪

    うさこちゃんはのどがおかしくて、入院します。
    そしていたいところをとってもらいます。

    病院は大嫌いな娘ですが、うさこちゃんの真似をしてお医者さんごっこをするようになりました。
    朝起きた時も「あたしのどがいたいみたいなの」と言ったりするのでまぎらわしいですが・・・

    つい先日、ひいおばあちゃんが入院し、お見舞いに行ってから、「入院」という言葉を覚えた娘。
    たまたま手にとったこの本にすっかりハマってます。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本があったから

    • レラさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子6歳、女の子3歳、男の子1歳

    去年の初秋、当時二歳だった長女がはじめての喘息発作を起こし、夜間救急からそのまま入院、という事態となりました。そのとき夜間救急にあった本です。家にもあったのですが、それまではあまり読まれることはありませんでした。家の事もあり、救急には父親がついていったのですが、入院と決まり、待っている間不安そうな長女に父親がこの本を読んでやったところ、最後の「にゅういんってわるくないわ」の一言でこくんとうなづき、ぐっと涙をこらえたそうです。
    子どもにとっての絵本の存在の大きさを改めて感じたときでした。
    そのときの入院生活は乗り切りましたが、半年後に川崎病で入院したときには「入院はいや」と語っておりました。現実がわかってきたようですが、それでも心の支えに違いありません。

    掲載日:2008/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさこちゃんのにゅういん

    ちょっと暗いイメージのある入院のことですが、
    可愛い絵で描いてあるので小さな子にもお勧めです。

    入院するような大きな病気や怪我をしたことがなくても、
    「病院は痛いのを治してくれるところ」だとか
    「注射は少しチクッとするだけ」ってゆうのが
    書いてあるので、病院嫌いの娘に読みました。

    最後にプレゼントをもらって
    「きらいじゃないんだわ」っていうのが
    ちょっと微笑ましいです。

    掲載日:2008/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うさこちゃんのにゅういん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット