大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ドアがあいて…」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ドアがあいて… 作:エルンスト・ヤンドゥル
絵:ノルマン・ユンゲ
訳:斉藤 洋
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年2月
ISBN:9784593503919
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,313
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 高まっていく緊張感が…

    お医者さんって、自分の病気を治してくれる所なのに、何だかとても恐い場所なのです。
    みんなが元気になって帰って行くのに、何だか自分だけひどいことをされそうな気がするのです。
    順番を待つ子の緊張感、だんだん人が減っていく孤独感、切なさがとてもスリリングに描かれています。
    お医者さんのいる部屋のドアが開くと…、最後の一枚でホッとできて良かったけれど、お医者さんの部屋には、恐い道具がいっぱいありますよ。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • だれも いなくなっちゃった...

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子20歳、女の子17歳、女の子16歳

    し〜んとしている待合室。
    待っているのは怪我をしたおもちゃたち。
    小さな電灯しかないその部屋はうす暗くて、みんなちょっぴり
    不安そう…
    ひとり出てきては、ひとり入っていく。
    だんだんおもちゃたちは減っていってとうとう最後に「ぼく」ひとり。

    夕方の病院で誰もが一度は体験したことのある心細さ。
    シンプルな風景の中でその雰囲気がとてもとてもよく表されています。

    小さなお子さんは読み進むにつれ、「ぼく」に感情移入して
    一緒にドキドキしてしちゃうでしょうね。
    ちょっとミステリアスで、怖いもの見たさが頭をもたげます。
    ドアの向こうはどうなっているの?

    でも、待っている場所が暗ければ暗いほど、その先の治療室の光の
    温かさが増して見えます。

    みんなのように元気にしてもらって帰ろうね。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ドアがあいて…」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ともだちや / うしろにいるのだあれ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット