庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ドアがあいて…」 大人が読んだ みんなの声

ドアがあいて… 作:エルンスト・ヤンドゥル
絵:ノルマン・ユンゲ
訳:斉藤 洋
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年2月
ISBN:9784593503919
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,303
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙を見れば こわれたおもちゃが、イスにすわってる 「おや、まあ
    かわいそう・・」おもちゃの病院の待合室の様子が 言葉は短いけれどうまい 表現の絵本です
    一番始めに 出てきたのは てんとうむし お次は ぺんぎん カッターン カッターン・・・・
    治してもらったぺんぎんは カッタン カッタン! 音の変化がおもしろく 待合室で待っているおもちゃの不安げな様子が 見事に表現されているのです。
    ゴロン、ギギギ・・・・、アヒルのおもちゃは 車輪が一つないの
    3人になった 益々不安で暗い待合室
    鼻の折れた ピノキオは一人になるとかわいそうに 涙をこぼして・・・寂しさが 本当に分かるのです。
    病室の中へ  「やさしそうなせんせいでよかった・・・・」「こんにちは  せんせい。」(やっと 元気になれたね)   なんと 優しそうな 先生 道具は 工具ですね(おもちゃのお医者さん 大事ですよね)
    物を大事にする この絵本の大事な メッセージが こんなに上手く表現できるなんて 良いですね!
    タイトルも余韻があって うまいです。 

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだよね!ちょっと不安

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    図書館でも人気があるらしく、借りてが多い絵本です
    子供ってほんとにお医者さんが苦手・・・・
    痛くもないのに、なんか痛い気がしちゃうんです
    かつて息子も「お腹が痛い」と病院に駆け込むと、どうやら便秘が原因のよう
    すぐに痛みは取れたのですが、医者に触れられるとすべて痛い見たいで、気がついた小児科の先生は、なんとほっぺたを押したのです・・・
    「いたい、いたい・・・いた・・ん?」「もう痛くないでしょ」っと
    笑いながら診察は終わりました!
    最後にほっとするシーンは子供の気持ちだと思います

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵と音のドラマ

    そこは、夜のオモチャ病院の待合室。
    表紙の絵から、すでに順番を待つ緊張感、不安感が伝わってきます。
    誰もが体験したことのあるドキドキ感。
    それが、1ページ毎に短い言葉と擬音だけでみごとに表現されています。

    1年生に読み聞かせたいと思い借りてきたのですが…、
    絵本のもつ空気感、間、音。
    表現にちょっと自信がもてず、今回は断念しました。
    是非、演技力(?)を磨いて挑戦したいと思っています。
    このお話を表現できたら、私もお話のプロになれるかも!?
    と思うほど、ドラマチックな絵本です。

    掲載日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちが伝わってきます。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    表紙から、お話が始まっています。
    壊れたおもちゃたちが、椅子に座っています。ドアがあいて、光が漏れています。ここが診察室。
    ひとりずつ入っていきます。待合室で待っている、ドキドキした気持ち、みんな、順番にいなくなって、もうすぐ自分の番、ちょっと心配という気持ちが、充分に伝わってきます。
    診察室に入る時、出てきた時の、表情の変化や、音の違い等、いろんな方法で、その気持ちを伝えているところが、すばらしいと思いました。
    ドアの向こうには、いったいどんな風になっているのでしょうね。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドアの向こうには・・・

    • 15さん
    • 20代
    • その他の方
    • 京都府

    『ドアの向こうには・・・』と書かれた書店のポップにひかれて手に取りました。
    とっても静かな世界の絵本です。
    『シーン』という音が全体に流れているようです。
    ホラーのようなドキドキ感。
    でも大丈夫。
    ラストにはあったかい気持ちになります。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ドアがあいて…」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ともだちや / うしろにいるのだあれ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット