だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

にたものランド」 大人が読んだ みんなの声

にたものランド 作・絵:ジョーン・スタイナー
訳:まえざわ あきえ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1999年12月
ISBN:9784198611231
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,126
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そんなに探さなきゃいけないの・・・

    探し絵の本が好きで、この本にたどりつきました。

    ・・・が、私はあまり好みではありませんでした。
    これはこれで、芸術作品だと思いますが、やはり描かれたもののほうが好きなので。

    あと、1000個をこえる日用品を探せ!ということですが、1000個と言われた時点で、「そんなに探さなきゃいけないのか・・・」と気持ちがひいてしまったのも事実です。(笑)

    それにしても、よくこれだけ思いついたなぁ。
    この本を考えた方は、子どものような視点を持った方なんだな!ということはよく分かりました。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目の錯覚を逆手にとった偽物の世界。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    隅から隅まで、よく考えられている作品だな〜と、思いました。
    「似たもの」で作りだされた本物みたいな風景画、とても面白いです。
    表紙の“波止場”もすごかったですが、
    個人的にじっくり楽しませてもらったのは“ホテル”のページでした。

    ホントに細かい一つ一つまで、「偽物」で作られているので、ホテルのページに限らず、ここでこれを持ってくるとこんな風に見えるのか〜。人間の目の錯覚って面白いなぁ。それを逆手にとってこういう作品を作ってしまう技術もすごいな〜と、改めて感心しました。
    見て楽しむ絵本なので、ぜひ皆さんも家族や仲間とみてみてください。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「にたものランド」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット