ちがうちがう ちがうちがう ちがうちがうの試し読みができます!
作: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
「なんの音!?」「おばけの音!?」ちがう、ちがう。あれはね…

リサのこわいゆめ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

リサのこわいゆめ 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:石津 ちひろ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784893092311
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,529
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 分かる分かる!

    子どもの頃って、恐い夢を見たら、現実にも起こりそうで
    とっても恐かったですよね。
    恐いと思うと、また見てしまうという悪循環。
    リサは、どうやってこれを克服するのかな?って思っていたら
    意外な方法でした。
    「こういう方法もあるのね」と、今後の参考にさせてもらいます。

    リサの恐い夢に出てくる「おばけおおかみ」ですが、引っ張られたり
    恐い目にあっているのに、あんまり恐そうに見えない。
    絵のタッチが柔らかい感じだからかしら?
    そのせいか、3才の娘も恐がりませんでした。
    これが、鬼とかだったら、もっと恐がったかも!です。

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわいゆめに惹かれて…

    娘が「リサとこわいゆめ」っていうのが読みたい!
    とリサガスシリーズの裏表紙を見ながら直訴してきたので、借りてあげました。
    「こわいゆめ」ってところが、すごく気になったみたいで…。
    自分で選んだだけあって、やはりとても楽しそうでした。
    こわいゆめの場面を見ながら、「あ、リサしばられてる!」とか、ひとつひとつじっくり観察。
    読んでいる娘は全然怖くない様子。
    「ジャン・クロード」という外国っぽい響きの犬の名前に、驚いていました。
    今度うちが柴犬を飼ったら、「ジャン・クロード」という名前にしようかな?と考えています。(笑)

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもと違うキャラ

    最初は怖がらずに聞いていた娘も何度も読んでいくうちに、リサになりきって少し怖がるところもありましたが、このお話を読んでからふだん動物園であまり気にして見ることがなかったオオカミを見るようになりました。
    最後がとてもおもしろく、私の好きなビクトリアが相変わらず笑わせてくれました。
    リサが怖がったり、パパもおばけおおかみをやっつけようといたずらを考えるなど、いつもと登場人物が違ったキャラで出てくるのがみどころでした。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「リサのこわいゆめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


読み聞かせに最適!見た人に幸せが舞い込むななめねこ

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット