ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ジュマンジ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ジュマンジ 作:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:辺見まさなお
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1984年
ISBN:9784593501816
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,408
みんなの声 総数 17
「ジュマンジ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  オールズ・バーグの大ファンとなったのは、『急行「北極号」』でした。
     以来彼の作品に出会う度、必ず私は彼の絵本の中に引き込まれ、特異な体験をして、絵本の外へと出てきます。
     この作品も息子が生まれる3年前に映画化され、世で騒がれていました。
     その記憶で、息子が6歳の頃借りてきました。
     先に奥付を読んで驚きです。 
     1982年に発表された絵本で、その13年後に映画化されたものだと知りました。
     きっとこの絵本に心揺さぶられた当時の少年少女たちが成長し、何かしらの形できっとこの映画製作に関わっているに違いないと思いました。
     
     ジャングルをテーマにしたボードゲームを公園で拾ったジュディとピーター姉弟。
     両親の留守に、家でこのゲームを始めてしまいます。
     さいころをピーターが振り「七」が出てコマを七つ進めると、本物のライオンが魔法のように現れて・・・。
     リアルサイズの動物たちが出てくるばかりか、雨は振り出し、火山の爆発までもが二人の家の中で起こります。
     あまりの迫力にゲームをやめたくなるピーターですが、このゲームの〈注意書き〉にあるように、誰かがジュマンジにたどり着かなければ終われないという約束のゲーム。

     読んでいて手に汗を握る展開です。
     6歳の息子には、少々長いお話のはずが、すっかり夢中になり聞いていました。
     この後レンタルビデオで映画をとも考えましたが、一人読みができるようになって、もう一度息子が読んでからにしようと思い直しました。
     絵本を通し子どもたちが頭の中で繰り広げる想像の世界こそが、なんの制限も押し付けもない自由な活動のできる場所だと思ったからです。

     今回久々に開いてみて、オールズバーグさんの絵の技量・魅力に傾倒です。
     白黒の挿絵にもかかわらず、読者それぞれに想像を通して、たくさんの色彩を見せてくれます。
     空間の奥行きの表現の巧みさ・光と影の配分等ため息の出てしまう作品だと改めて魅了されてしまいました。
     こういう作品は、大切に伝えて行きたいなぁと思います。

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    2

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ジュマンジ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / なにをたべてきたの? / にじいろのさかな / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ふしぎなナイフ / このはなだれの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット