だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ジュマンジ」 大人が読んだ みんなの声

ジュマンジ 作:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:辺見まさなお
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1984年
ISBN:9784593501816
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,406
みんなの声 総数 17
「ジュマンジ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゲーム

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ジュマンジってなんだろう?と思いながら読みました。
    誰かがジュマンジにたどり着かなければ終われないというゲームだそうです。
    いざ始めてみると目の前に動物が出てきたり…いろいろとびっくりなゲームでした。
    ルールを考えるとちょっとやるのが怖そうな気もします。
    白黒だけの絵などですがすごい!と思わせる絵でした。

    掲載日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • もし自分だったら、やってみたい?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    表紙の絵を見たとき、「猿の惑星?」と思ってしまいました。
    この絵本は白黒で描かれていて、とてもシンプルな作りになっていますが、その辺の仕掛け絵本よりも驚く絵本ではないかと思います。

    この絵本を見ているうちにオールズバーグの作品て、長い映画をカットして、とっても伝えたいシーンだけを写真のように取り出し、またお話の順番につなぎなおしたような印象を受けました。

    ジュマンジ”って、日本でいうところの人生ゲームみたいなゲームだと思います。
    故人的に一番面白かったシーンは「案内人が道に迷った」というシーン
    、地図を開いて、オモチャの家に座りこけている《案内人》の後ろ姿が何とも言えず、その体の太さも、この《案内人》の人生を物語っていそうで笑えました。

    このお話では幸いにゲームに勝利し、終了させるとこができましたが、もしもこんなゲームがあったら、(自分が子どもだったら)やってみたいと思うかしら?後あとまで、印象深いすごい作品でした。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫りくる恐怖

    オールズバーグの作品を初めて読みました。
    数点借りて来た中で一番興味を引いたのが、この「ジュマンジ」です。

    ピ−ターとジュディが、木の下から持ってきた「ジュマンジ」という名のゲーム。ありふれたボードゲームのようでしたが、退屈しきっていた二人はゲームを始めます。すると、そこには誰も想像できないような、異様で、あまりにも危険な光景が次々と出現したのです。
    モノクロの絵が、迫りくる恐怖をさらに高め、私をも危険な冒険へと引きずり込みます。息も出来ないような恐怖に、思わず「ジュディ、早く!!」と叫んでしまいそうでした。

    映画化された物語と知り、納得です。
    オールズバーグの作品は、どれもが(まだ数冊ですが…)1回目は、何となく物足りなさを私に感じさせます。でも、何度も読むうちに、ジワ、ジワと恐怖にも似た感情が忍び寄り、もう1回読みたい!もっと読みたい!と思わせる不思議な魔力を持っています。
    是非、映画も観たいと思っています。

    掲載日:2009/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • スリリング

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    最近オールズバーグの作品にハマって、いろいろ読んでいるのですが、「ジュマンジ」もその一つだったのですね。
    映画が好きで何度か観たことがあります。

    両親の留守中にピーターとジュディが見つけたゲーム。
    このゲームのスタートが、不思議な世界の入り口となります。
    ハラハラドキドキのスリリングな展開で、息を呑みます。
    早くゲームを終わらせたいのだけど、コマを進めるのにも不安がいっぱい。
    まるで自分もゲームに参加している気分になるのです。

    ゲームの世界が現実に。そんなゲーム、本当にあったら挑戦しますか?

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ジュマンジ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / なにをたべてきたの? / にじいろのさかな / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ふしぎなナイフ / このはなだれの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット