しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス」 大人が読んだ みんなの声

わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス 作・絵:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\2,330+税
発行日:1996年
ISBN:9784572003607
評価スコア 3.7
評価ランキング 32,843
みんなの声 総数 9
「わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「マザーグースの詩」の絵本として

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    センダックはマザーグースの詩の絵本シリーズ(といってもいいほど、センダックはマザーグースの詩をよく絵本にしています)。
    翻訳の神宮輝夫さんの名前がひらがなで書かれています。こう表記すると、とても高名な翻訳家の神宮さんの名前がかわいらしく見えるのが不思議です。

    もともとが「詩」なので、文章は短いですが、そこから描かれているセンダックの世界が大きく広がっているので、意外とページ数があります。
    弱者や貧困、不条理などが描かれているので、読み手、聞き手によって、ここから伝わる受け取り方は変わりそうです。

    どちらかといえば、高学年以上のお子さんたちにお薦めしたいです。
    「マザーグースの詩」の絵本の一つとしてブックトークなどで紹介するのがいいかもしれません。

    掲載日:2017/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい題材

    重い内容なんですが子供が読みやすいハッキリとしたイラストに文字数も少ないので読みやすいです。

    ただ、いろいろな内容の要素が含まれているので小学校中学年以上くらいにならないと意味が分かりにくいかもしれません。
    この絵本から話を派生していろいろとお話をしたり伝えたい事がある時に良い絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • むずかしいテーマ

     むずかしいテーマのお話だなと思いました。 
     もともとのマザーグースを知らないので、わかりにくかったです。ホームレスの人たちの新聞にもメッセージが書かれているそうですが、英文のままなので、私は読みとれませんでした。 

      ホームレスの子どもたちを、社会で助けることはできないのでしょうか。
     根本的な解決策が見えないので、読み終わっても重い気持ちのままでした。

     画面からはみでるくらいの迫力で描かれた絵が、印象的でした。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / くだもの / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あーん』イベント&おうちレポート

全ページためしよみ
年齢別絵本セット