ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

月人石−乾千恵の書の絵本」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

月人石−乾千恵の書の絵本 書:乾 千恵
文:谷川 俊太郎
写真:川島 敏生
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784834020281
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,377
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙の写真に呑み込まれてしまいました

    表紙の写真のインパクトの強さに呑み込まれてしまいました。
    筆を持っているのが左手。しかも力強く筆を運んでいる。そして、右手。体の後にある! この姿勢で文字を書くのは大変だ!
    表紙の写真と、乾千恵さんを知ることからこの絵本の素晴らしさを感じることができると思います。
    脳性マヒで、左手しか使えないという乾さんは、車イスの使用者だそうです。それでいて、あちこちの図書館等で書を通じての発表を続けているとのこと。
    絵本の中の書は、乾さんの積極的な生き方そのものを表現しているのでした。
    自分は書について門外漢ですが、一つ一つの書が表紙のあの姿勢で書かれたことを想像すると、とてもエネルギーを感じる文字ばかりです。
    そして、最後の「人」という文字とならんだ乾さんの後ろ姿。
    この絵本は乾さん自身だと感じました。
    谷川さんの文も川島さんの他の写真も、正直申せば左ページの文字をみると存在感が弱くなってしまいました。
    この絵本。乾さんを知ることから始まる絵本だと思います。
    そして、乾さんから学ぶことが重要だと思いました。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「月人石−乾千恵の書の絵本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット