貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はっぴぃさん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

はっぴぃさん 作・絵:荒井 良二
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784033312804
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,434
みんなの声 総数 75
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 救われる

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    昔は苦手だった荒井良二さんの絵が
    最近好きになりつつあり、
    自分の中で好きの範囲が広がる
    そんなちょっとした変化が嬉しく感じる。

    「のろのろは なんでもていねいだからだとおもうわ」
    「あわてるのは なんでもいっしょうけんめいだからだとおもうよ」

    よく短所の反対は長所と言われ、
    自分で思ってもあまり効果はないけれど、
    こんなふうに自分ではない、相手から言葉にしてもらえると
    救われることってありますよね。

    特に自分の個性って直しにくいし、
    それならそれをプラスに考えていく方が
    いいですし。

    息子たちにも注意や叱るばかりでなく、
    もっと良いところを言葉にしてあげて
    伸ばしてあげたくなりました。

    掲載日:2017/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特の世界!!

    「はっぴぃさん」 はこまったことやねがいごとを聞いてくれるそうです。
    「なんでものろのろのぼく」 と 「あわんてぼうのわたし」 が
    まだ会ったことのない 「はっぴぃさん」 に会いに行くお話。
    二人ははっぴぃさんに会えるのでしょうか???


    色づかいといい 絵といい 独特な世界ですね。
    ストーリー展開も独特。

    でもでも・・・・

    ホッとする 心休まる感じの絵本です。
    何度も読み返したくなるんですよね〜

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はっぴぃさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット