うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ちいさなうさこちゃん」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちいさなうさこちゃん 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1964年06月
ISBN:9784834000269
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,975
みんなの声 総数 124
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • うさこちゃん誕生

    うさこちゃん絵本のうち、うさこちゃんが誕生する巻です。
    話の内容は、天使さまが現れて誕生するところまでと、おめでとうといろんな動物がおめでとうを言いにやってくるところがほとんどなのですが、描かれていない、うさこちゃんが生まれて、パパとママがどんなに愛しているかが、なぜか感じられる気がします。
    うさこちゃんのパパとママが、ふわふわさんとふわおくさんという名前というのを始めて知りました。
    娘はじっと見ているだけですが、シンプルな内容と絵柄であるので、読んでいる大人が娘が生まれた前後を思い出し感動します。

    掲載日:2011/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誕生の喜び

    うさこちゃんシリーズのはじまりの本。
    うさこちゃんは天使のお告げでやってきたんですね。

    三ヶ月の娘に、うさこちゃんが誕生し、色んな動物がお祝いにきてくれるうれしいお話を読んだあと、はぴなちゃんもママのところにきてくれてありがとう(≧∇≦)と娘を抱きしめるのが、大好きです。

    うさこちゃんシリーズのように娘にも色んな体験をさせてあげたいと思えるはじまりの一冊です。
    娘はビビッドな色づかいの本をじっと見ています

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのうさこちゃん

    ブルーナのミッフィー、好きなのでこれも買いました。

    ミッフィーじゃなくてうさこちゃん。そしてうさこちゃんが産まれる前の話です。母親の立場からすると、産まれる前の話というのが幻想的でいいなと思います。

    でも、ストーリー性からするとそんなにないかな?うさこちゃんが行動する、冒険するというより淡々と日常が続いていく感じ。そのためちょっと物足りないと感じるかも。

    この本を読んで「あなたの時はこうだったんだよ」と言えるといいかなと思います。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさこちゃん誕生!

    うさこちゃんがうまれるお話。
    子供の時に読んだなーと懐かしかったです。
    リズムが良いですね。
    0歳には少し文章が難しかったかな、という印象。文章を省いたりして読んだほうが集中していてくれました。1歳になってからまた読んであげたいです。

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさこちゃんの始まり

    4ヶ月の娘に読んでやりました。私自身、ミッフィーシリーズ(この本ではミッフィーとは言ってませんが)を1冊しか読んでいないので、始まりがどんなものかはわかりませんでしたが、これがその始まり。ふわふわさんとそのおくさんがうさこちゃんのパパとママ。そのパパとママのうちに天使がやってきて、うさこちゃんの誕生を予言するというお話。一緒に4歳の息子も聞いていたので、こうやって赤ちゃんは来るんだねーとお話してあげました。娘もなんとなく本に見入っていました。少しずつこの特徴ある絵本を読み続けていくことにより、きっと覚えてくれるんだろうなと思いましたよ。女の子にはのんびり、確実に読み続けていきたいシリーズです。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 30年前にも読みました!

    • ま−さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子0歳

    今回出産祝いにいただいて、子どもにはじめて見せた絵本です。
     まあまあ にわのまんなかに
     てんしがたっておりました
    の部分が好きなようで、いつもにこっとします。

    自分が幼い頃に大好きで何度も何度も読んだ記憶があり、
    30年前の色あせたもの、今のものが2冊本棚に並んでいます。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 首が据わったら見てました

    子どもたちに、3か月過ぎくらいから読んだ(・・・というか見せた)
    本の中にブルーナの本があります。
    まだ分からなくても、首が据わった時期から、はっきりとした
    色使いの本を見せていました。
    ブルーナの絵本では、0歳からの絵本として文字のない絵本もあり
    そちらも持っているので、見せていましたが
    やはり親としては、文がある方が読ませやすい。
    結局こちらの方を良く読んでいました。

    数か月の子どもでも、ブルーナの本は色彩も鮮やかで楽しいのか
    目で追ったり、じっと見つめたりしていました。

    この本はふわふわさんと、ふわおくさんのところに
    小さなうさこちゃんが、うまれてくるお話。
    なんだか、心がほんわかして優しい気持ちになります。

    大きくなってからも、時々読みました。
    大きくなると、ウシやニワトリなどの絵が面白い様子でした。
    確かに良く見ると、ブルーナのウシって面白いかも。

    掲載日:2011/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色遣いがキレイ♪

    絵本いっぱいに広がるビビットカラーがすてきなうさこちゃん第1作目です。たくさんの動物達がやってきてお祝いの言葉を述べるのですが語り口がソフトで赤ちゃんに読み聞かせるのに良いです。

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと早かったかな

    もうすぐ3ヶ月になる娘に読んだので、ちょっと早かったかも。
    絵だけじゃなく字のページも眺めたりして、絵本を分かってない様子(笑)
    ただお気に入りの絵もあって、その絵はじっと見たりしてました。
    ちなみに天使と牛の絵です。
    お話が分かるようになるともっと楽しめるかなぁと思いました。
    ただ読んであげると笑ってはくれます♪

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさこちゃんが存在するしあわせ

    小さな小さな子どものための絵本だと思うけれど、
    小さな小さな子どもを育てている親のための絵本だとも
    思います。
    もうぱっと見ただけで感じるかわいらしさ。わかりやすさ。
    うさこちゃんがいてくれてよかった、
    うさこちゃんがいてくれる、と思うだけで安心してしまいます。

    娘も1歳頃からうさこちゃんのことはしっかり心に刻まれたようで
    図書館でこの絵本を見つけた時に「うちにもあるよ!!ここにも
    あるよ!!」と大興奮していました(家にもあるのにここにもある
    というのが不思議だったようです)。

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさなうさこちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(124人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット