くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ゆきのひのうさこちゃん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ゆきのひのうさこちゃん 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1964年06月
ISBN:9784834000290
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,229
みんなの声 総数 91
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心がぽかっと温かくなるお話

    ゆきだるまの鼻がにんじんで、にんじんの葉っぱごとつっこんであるのが、おもしろかったです。こういうのは初めて見ました。

    おうちがない小鳥のために涙するうさこちゃんがとてもかわいらしいと思いました。おかあさんの対応もいいなあと思いました。

    冷たい雪の日のお話ですが、心がぽかっと温かくなるお話だと思います。

    睡眠前の一冊にも向くのではないかと思いました。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくもゆきの日にあそんでみたいです

    うさこちゃんが、ことりのいえをつくってたげたからやさしいと思いました。

    子どもだけど、じょうずにいえをつくるなあって思いました。

    ぼくもゆきの日にあそんでみたいです。

    ことりとおはなしできたらいいな。

    そりすべりもやってみたいと思いました。

    掲載日:2009/08/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆきのひのうさこちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おおきなかぶ / いいおかお / ノンタンぶらんこのせて

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】木村カエラはじめての絵本出版記念連載B

みんなの声(91人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット