雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

ぐりとぐら」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐら 作:中川 李枝子
絵:大村 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1967年01月
ISBN:9784834000825
評価スコア 4.83
評価ランキング 129
みんなの声 総数 601
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シリーズの中で一番好き

    私はぐりとぐらのシリーズが大好きです。中でも一番好きなのが「ぐりとぐら」です。
    ぐりとぐらは、森で大きなたまごを見つけます。私も大きなたまごを見てみたいと思いました。たまごを見つけてびっくりしたぐりやぐらの顔や、たまごをはこぶ時のしんちょうな顔がかわいいです。
    ぐりとぐらは大きなたまごで、あるおいしいものをつくります。できあがるまでまつときに歌っている歌がおもしろかったです。できあがるにつれて、だんだんいいにおいがしてきます。いいにおいが森いっぱいに広がって、動物たちが集まってきました。私もそれがどんなにおいだったのか知りたいです。
    ぐらがフライパンをあけるところで、いつもワクワクします。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 巨大なカステラ

    ぐりとぐらは、どんぐりをひろって帰ろうとしていたら、
    道のまん中に大きなたまごがあって、
    カステラにしようとして、たまごをはこぼうとしました。
    だけどはこべなかったので、ここでかすてらを作ろうと
    ぐりがいったのでおなべなどなどを持ってきて、
    ここの場所で作ることにしました。
    いろんな動物たちに
    たくさん分けていて、えらいなぁと思いました。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / わたしのワンピース / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / もったいないばあさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

全ページためしよみ
年齢別絵本セット