もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ますだくんとはじめてのせきがえ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ますだくんとはじめてのせきがえ 作・絵:武田 美穂
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年12月
ISBN:9784591051795
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,262
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 席替え

    4月に入学してから、なんと既に3回もの席替えを経験している我が子。
    なぜ多いのかは、わかりませんが・・・

    「席替え」がテーマになっているこの絵本を本棚に入れておいたら、子供が自分で手にしていました。
    漫画なので、初めは少し読みづらそうでしたが、すぐに慣れていました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の気持ちを伝えるということ

    息子も私も大好きな「ますだくんシリーズ」。

    今回の「はじめてのせきがえ」では弱虫のみほちゃんが一つ、ハードルを越えます。
    友達に自分の気持ちを伝えるというハードル。
    みほちゃんにとってはとっても高いハードルだったけれど、勇気をもって乗り越えます。

    みほちゃんの心の動き、ますだくんをはじめとする周りの友達の様子がよく描かれていて、とても共感のもてる内容でした。

    ちょっとずつ強くなっていくみほちゃんを見て勇気を持てる子も多いのでは?

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 熱血漢

    四月から一年生の息子。「ますだくんのランドセル」を読んでから、ますだくんシリーズのファンになって続けて読んでいます。

    みほちゃんを頼りないと思っているますだくんは、何かとみほちゃんの世話をやくのですが、それをみほちゃんは、いじわるだと思っています。

    ますだくんの親切、ストレートすぎて通じにくいみたいです。

    みほちゃんはますだくんのことお友だちって思っていないみたいですが、みほちゃんが一番言いたいことを言える相手ってますだくんなのです。

    みほちゃん自身がそのことに気付いていないところが、読者から見ると微笑ましいです。

    今回は、みほちゃんの優柔不断ぶりが見られます。でも、女の子の友だちも大切にしたいっていう気持ちはよくわかります。

    みほちゃんへしの仕返しに、みほちゃんのきらいなニンジンとグリーンピースを入れてしまう、ますだくんが笑えました。

    男の子と女の子だからこうなるのかな?

    一年生の教室ってこんなのかな?と、息子はまだ経験していない一年生の様子をこの絵本を見て、垣間見ているようです。

    ますだくんって、今時珍しい熱血漢って感じが私は好きです。

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ますだくんとはじめてのせきがえ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット