クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

でんしゃがくるよ!」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

でんしゃがくるよ! 作・絵:シャーロット・ヴォーグ
訳:竹下 文子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年08月
ISBN:9784032014600
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,603
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まさに我が家と同じです。

    電車好きの息子が2歳〜3歳のころ、繰り返し読みました。
    電車が大好きで、電車が来るのを橋の上で待っている男の子のワクワク感が詰まったお話です。
    子どもの語り口のような文章と、やさしい挿絵が素敵です。

    我が家もまさにこの家族と同じ。
    時間の許す限り、電車を待ちます。
    電車を見ても見ても見飽きることのない、電車大好きな男の子を持ったおうちは、皆経験すること。
    こんな風に電車を待つ親子が、世界中に山のように存在するのだろうなと思います。
    でも、残念ながら、我が家はここまでさわやかな素敵な雰囲気を醸し出してはいなかっただろうな。
    何時間でも見ようとするものだから、
    「まだ見るの」「もう帰ろう」「勘弁してよ」という感じでした。

    掲載日:2016/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ

    電車が大好きな息子に図書館で借りてきました。

    家族で電車を見に行きます。
    その場所はとってもドキドキして
    ワクワクする秘密の場所

    みんなが帰ってしまった後も
    また次の電車を待ってしまうくらい好きな場所

    まだかな?まだかな?
    と楽しみにしながら待つ気持ちが
    伝わってきます。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • どきどき期待が高まります!

    電車が通過するのを見に行く…ただそれだけのお話なのです。
    でもこれって、みんなそうだなぁ〜なんて共感すること間違いなしです。

    土曜日はいつも自転車に乗って、お父さんと、ぼくと、お姉ちゃんで橋まで出かけます。
    橋の下には線路、そこで電車を待ちます。
    犬もこどももやってきて、橋の上には電車を待つ人たち。
    信号が赤から緑に変わると・・・・もうすぐ電車がくる合図。
    「くるよ、くるよ、でんしゃがくるよ!」

    よく見かける光景ではないですか?
    電車好きでもそうでなくても、電車が走り抜けていく情景がよく伝わってくるのではないでしょうか。

    2歳児のわが子にも、その様子は十分伝わったようです。
    読みながら一緒に盛り上がり、電車に手を振ったような気分になっちゃいますよ。

    掲載日:2010/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに私たちの毎日!

    2歳2ヶ月の電車が大好きな息子に読んでやりました。うちも晴れていれば自転車に乗って、電車や踏切を追いかけてあちこちに遠出にいく毎日なので、まさにこれがそのシーン!

    字が少ないわりに、きちんとその状況を細かく描写して、雰囲気が十分伝わってきて、電車がいきなりやってくるところなんてまさにそのもの。すばらしい!思わず、息子ももう一度!と喜んでせがみます。

    とてもシンプルなストーリーで、とても素朴なシンプルな絵なのに、なぜかあの息子が興奮して喜んでいるシーンが思い出されるのはとても不思議です。こういう本を探していたんですよね。表紙の前に「電車の好きな子供に」とメッセージがあるので、つい息子に買ってしまいそうです。

    電車好きのお子さんがいるならば、是非オススメしたい一冊です。

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!

    土曜日のぼくの楽しみは、おとうさんとおねえちゃんと一緒にあの橋へ行くこと!

    実家の近くに子供達が「グラグラ橋」と呼んでいた小さな橋があります。
    絵本の中のみんなと同じように電車が来るのを待ったり、信号が青になるのをドキドキして見つめたり、電車が通るとグラグラするのを緊張しながら下を覗き込んだり、楽しい思い出がよみがえってきました。

    イギリスの作者さんですが、絵本に描かれる世界がびっくりするほど育った環境にそっくりなので、きっと森の中に電車が走るという風景は普遍なものなのでしょうか?
    なんということはないですが、描かれる世界と「ぼく」の耳にいつまでも残る汽笛はすごく共感できて、息子にも育んで欲しい気持ちだなと感じました。

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「でんしゃがくるよ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット