貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

みずうみにきえた村」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

みずうみにきえた村 作:ジェーン・ヨーレン
絵:バーバラ・クー二ー
訳:掛川 恭子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:1996年10月
ISBN:9784593503575
評価スコア 4.22
評価ランキング 16,852
みんなの声 総数 8
「みずうみにきえた村」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ダム建設の近所で

    子どもにはまったく何のことだかわからなかったみたい。
    一応ダム建設のそばの地域で、そういう話もちらほら聞いているだろうけど、湖の底に沈むという喪失感というか、寂しさなんかはわからない。
    私もわかりませんが、ニュースで見たり聞いたり、今までの経験を通して、あちこちにあるダムは、村が沈んでいるんだと説明しました。
    今は分からなくても、覚えていて欲しいなと思うので。
    私も、昔そう聞いた記憶があるからこそ手に取ったので。

    私としては他に疑問点があり、読みました。
    家を丸ごと移動させているなんて知りませんでした。でも公共施設はそのまんま。
    じっくり味わえるのは大人かもしれません。年配なら年配ほど、なにか思うところがあるかもしれません。
    いい絵本です。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「みずうみにきえた村」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / だるまさんが / くっついた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット