もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ぐりとぐらのうたうた12つき」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐらのうたうた12つき 作:なかがわ りえこ
絵:やまわき ゆりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784834019407
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,437
みんなの声 総数 46
「ぐりとぐらのうたうた12つき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 季節ごとの楽しさ

    季節ごとにこんな楽しいことがあるんだよということを、教えてくれるような内容です。それと季節の移ろいを感じることができ、自然に目を向けるきっかけにもなりそうです。
    リズミカルな文で楽しい気分にさせてくれます。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節感を知ることが出来ますね

    自分やお友達の誕生日を意識し始めたので、買ってみました。
    僕はどこ?とか、ここは○○くんのお誕生日だ、とか教えてくれます。

    ストーリーがないので、読み聞かせと言うよりは、絵を見て話し合う感じが主となっています。
    丁寧に描かれているので、何回見ても新しい発見があるようで、自分の中で前回の発見のおさらいなどをしているようです。

    ただ、文章には比喩表現がおおくて、息子には意味がわからない部分が多いようです。
    多すぎて質問もしてきません。
    この本はこんな感じだと、彼なりに納得しているのか、気にさせないだけの魅力がある本ということなのか??

    物語性がない本を好まない息子が、嫌っていないということは、やはり魅力があるのでしょうね。
    この先も読み聞かせていける良い本だと思います。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐりとぐらが好きな娘と読みました

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ぐりとぐらが好きな上の娘のために、図書館で借りました。
    1年や12ヶ月の概念が伝わるかしら・・・なんて目論見もあったのですが、
    そんなことは関係なく、素敵な絵とリズムの良い文章を楽しみました^^
    季節感に溢れた楽しい絵本で、
    2匹が1年を丁寧に丁寧に過ごしている事が伝わってくるようです。

    ぐりとぐらシリーズはどれも素晴らしい文章で、
    読み聞かせをしていると、何だか心地良く感じます。

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 12ヶ月の流れが分かりやすい

    ぐりぐらシリーズですが、12ヶ月の流れが出ていて、この月は雪、この月は海、この月は雨、、、と、一年の経過がよく描かれています。悪くはないのですがあまりストーリーがないので、小学校〜大人には物足りないと思います。3歳の子供は一応全部おとなしく聞いていましたが、、、、。小さい子のうちに読んだ方が満足できる本です。うちは3歳でちょうどよかったです。

    掲載日:2011/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • カレンダーみたいな絵本!

    1月から12月までのカレンダーのような絵本です。

    数え歌のような構成になっているので、
    本当に歌える楽譜がついていたらもっとよかったなあと思いました。

    ぐりとぐら、よく歌が出てきますが、
    いつも適当に歌作ってるとワンパターンになって、
    自分でもちょっとイマイチだなあと思ってしまいます。

    この本と出会って、、今は何月?とか、
    2月はだれの誕生日?
    ボクは何月生まれ?とか、
    やたらと月に興味を示すようになった3歳の息子です。

    保育園でもお友達のお誕生日会や季節のイベントは
    たくさんあるのですが、
    こうやって絵でぐりとぐらの一年をすぐに見れる本のほうが、
    子供にはなじみやすく、興味がわくみたいです!

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な詩集です

    はじめ娘が図書館で持ってきた時は「歌?」と思ったのですが、
    四季の詩集という感じですね。
    どの月もぐりとぐらの世界をふんだんに取り込んだ
    絵と詩がとてもマッチして素敵な雰囲気です。
    娘はまだ四季の移り変わりというのをよくわかっていないのですが、
    大人が読んでもとても味わい深い楽しみがあります。
    もう少し大きくなったらもう一度読んであげたいと思いました。

    掲載日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節の流れがわかりますね

    1年間を1月ずつテンポよく書かれていて、
    さらにその月のイベントや季節の様子もわかって良かったです。
    娘はまだ四季などは理解していないと思いますが、
    保育園で月ごとのイベントがあるので、そのイベントと照らし合わせて読んでたみたいです。
    また、親子で一月ずつ交代しながら読んだりもしたので
    親子で楽しめる絵本という感じがしました。
    物語の絵本も楽しいけれど、こういう絵本もいいな〜と思いました。

    掲載日:2009/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節ごとの楽しさ

    大好きなぐりとぐらの1年間を描いたお話です。
    私もこんな風に暮らせたらいいなぁ〜と思うような生活ぶりです。
    季節を感じ、自然を感じ、季節ごとの楽しみを見つけて生活しているぐりとぐら。
    ほのぼのとしていてあたたかく、うらやましくなるような絵本です。

    文章もリズム感があって読みやすいです。
    『うたうた12つき』ということは、歌なのでしょうか?
    気になります。

    ぐりとぐらが好きな子には是非お勧めしたい1冊です。

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お誕生月を語って楽しんでます☆

    1月から12月まで、楽しい絵と、詩でつづられた絵本ですね。

    ぐりとぐらが自然の中で季節を楽しんで生活している様子が大人にも楽しい1冊です。

    子どもたちは、自分の誕生月がやはり気になる様子です。

    3歳の娘は1月生まれ、最初のページということで、嬉しくってたまりません。「姉は2月、兄は5月・・・」というようにこの絵本で、覚えてしまいました。

    どの月も、楽しいこと、嬉しいことがいっぱい☆
    毎日を愉快に暮らす提案になるかもしれません。

    「あなたの生まれた月はいつかな?」
    と、わくわくしながらぺーじをめくってみてください☆

    掲載日:2008/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語呂の良い季節のポエム

    まだ買っていないぐりとぐらがあった!と購入しました。うたうたとある通り、ストーリーではなく語呂の良い季節のポエムが載っています。個人的には好きですが、『ぐりとぐらの1ねんかん』に似ているので、何故同じようなものを作ったのかな?と疑問に思いました。でもぐりとぐらの生活は素晴らしく、こんな季節を娘にも味あわせてあげたいと思ったのは同じです。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらのうたうた12つき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / でんしゃでいこう でんしゃでかえろう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット