庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

うさぎたちのにわ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

うさぎたちのにわ 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1979年
ISBN:9784769020103
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,506
みんなの声 総数 26
「うさぎたちのにわ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いいヘビでよかったー。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。
    レオ・レオニさんの描く絵が大好きで、
    図書館から借りてきました。
    色彩もすっきり、背景もシンプルで、
    それでいてとても親しみが湧きます。

    動物の中でもうさぎの大好きな娘は、
    絵本にでてくる可愛らしい子うさぎに
    じーっと釘付けでした。

    りんごを食べるんじゃないよと言われていた子ウサギたちですが、
    いいつけを守れず、
    りんごを食べてしまいます。

    でも、ちゃんと助けてくれる仲間がいたから大丈夫!
    うさぎと蛇が友達になるという意外な展開でしたが、
    ともすると悪く描かれがちな蛇が、
    この絵本ではとっても善良。
    うさぎと同じくらい可愛らしく描かれていて、
    へびさん、悪いことするんじゃないかと思ったけど、
    とってもいいへびでよかったね。と、
    娘と話した一冊でした。

    掲載日:2014/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • りんごを食べると、、、

    二匹の兎は年寄り兎に「人参は食べてもいいが、木の上のりんごを食べたらきつねに襲われるぞ」と言い付かりますが、ある日、食べ物のないとき、へびがりんごを取って与えてくれます。でも、、、きつねが来て、食べられそうになってしまいます。そこを蛇が助けてくれるのですが、クチをあけて兎をぱっくんとしてかくしてくれるんです。最後は年寄り兎もりんごを食べて、自己納得するのですが、、、。

    蛇にそのまま飲み込まれなくてよかったね、、、と思いながら読んでいました。最後の終わり方がやや微妙な気がしますが、なかなか楽しく読めました。でも、どうしてりんごを食べるときつねに襲われるんでしょう?匂い??

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べられる〜!!

    二匹のこうさぎがあかぎつねから逃げるのに、へびの口の中に入っていってしまいました。その様子を見ていたうちの子は、「食べられた〜!!」って言って大騒ぎしてました。ところが、へびはうさぎを食べたのではなくて、合体してあかぎつねを追い払ってました。その合体した姿がカッコいいって言ってました。意外な展開で、大人もストーリーを楽しめました。

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うさぎたちのにわ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / おふろだいすき / あさえとちいさいいもうと / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット