十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おんがくねずみ ジェラルディン」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おんがくねずみ ジェラルディン 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1980年03月
ISBN:9784769020134
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,948
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音楽って素晴らしい

    この本を読んで「音楽ってやっぱり素晴らしい」と
    再認識しました。

    だって音楽を知ったジェラルディンの毎日がとても
    素敵なモノに見えたから。この本に感動して
    「この本知ってる?」と興奮気味に聞いたら
    娘はすでに保育園で読んでいたとのこと。でも
    「家でじっくり読んでみたいと思っていたの!
    絶対借りて帰る」と返事が返ってきました。

    昔の人も音楽と出合った時の感動はこんな感じ
    だったのかな?と遠い日に思わず思いを馳せて
    しまうそんな絵本です。

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 音楽をきいたねずみ

    ねずみが、チーズの中からフルートを吹くネズミの彫刻を削りだします。
    そして、その彫刻が夕方から音楽を奏でだす。

    ところが、チーズの彫刻を食べないといけなくなって!
    最後には、ねずみが自ら音楽を奏でる事が出来るようになり、チーズの彫刻は食べる事が出来るようになります。

    彫刻は、無くなっても音楽は残る。
    形あるものは無くなるが、音楽は残って行くものだという事なのかなと思いました。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おんがくねずみ ジェラルディン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / どうぞのいす / いないいないばああそび / バムとケロのさむいあさ / きょだいな きょだいな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット