雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

マシューのゆめ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

マシューのゆめ 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
ISBN:9784769020172
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,622
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本物を見ることは大事

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    雑多なところに住んでいて夢が見えないねずみのマシュー・
    ある日美術館に行って想像力が膨らむようになります。
    そこから絵描きになるまでのお話です。

    私は、子供たちに「本物」をなるべく見せたいと思ってます。
    好きな絵本作家ができれば原画展に、図鑑で興味があることができれば博物館や水族館にと連れ出しています。
    近所にプロ野球チームがあるので、野球場へも行きます。
    体験が先のこともあります。何かでわからないことがあれば図書館に行くなりして本を借りることもあります。

    なので、このお話はとても共感できました。
    必ず本物を見せるうちに子供のアンテナに引っかかるものができてくると思うからです。

    子供が読んだ感想は、ぼくは何になろうかなあ??と・・
    まだ見つからない夢を、子供たちもいつか花開かせるといいなあとおもいながら
    親の私は読みました。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • そこに楽しさ喜び輝きをみいだして

     わが子のレオレオニさんとのはじめの出会いは、学校の教科書『スイミ-』。宿題の音読に加え、絵を描いたり、粘土でスイミーの世界を表現したり、オペレッタを音楽会で発表したり、心と体でスイミーの世界を感じとって楽しんでいました。読み手のさらなるアートを生み出してくれるレオレオニさんってすごいです。
     以来レオレオニさんの絵をみると喜んで手に取り『読んで』コール。
     『マシューのゆめは』は子どもたちははじめ表紙の不思議な色形にフレデリックがいる!!って思ったようですが、読み進めていくうちにマシューがえかきにあこがれていくように、わたしたちも絵本のなか全体が美術館のような絵と言葉の世界に魅せられて引き込まれていきました。
     そして、涙がでるほどだった自分の場所がなんとも言えない色や形を見せ変わって見えたあのページをなんども見ました。
     何かをきっかけに自分自身が変わることで同じものが今までのものとは違って輝いて見えるなんて!なんてすばらしいんだろう!
     とかく自分や周りのものを他人と比較したりして悲観的にとらえてしまう私。見方を変えれば輝いているのに。わが子の事もそうかも・・・輝いているはずなのに。と読み深めていくうちに、そこに楽しさ喜び輝きをみいだしていける、そんな見方のできる大人に自分もなりたい、子どもたちもなってほしいなと思いました。この絵本に出会えて感謝です。 

    掲載日:2013/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美術館に行くのが楽しみになります

    • うつぼっちさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子10歳、男の子7歳、男の子3歳

    まずしいねずみ一家で、大きな期待をかけられているマシュー。
    美術館に行って絵からインスピレーションを受け
    心惹かれる女の子のねずみと会って・・・
    ついに絵描きになる夢を!

    美術館に小さいころから出入りできる海外ならではの設定ですね。
    日本では小さい子どもは美術館に入りにくい、行きにくいところも
    あります。美術館に行ったことがあるほうが、話をリアルに感じることができるでしょう。7歳の息子は「美術館、行ったことあるね!」と話がふくらんでいました。

    いろいろな体験を通して、自分がやりたいことをみつけて、夢をかなえていく。親として温かい気持ちで読み終えました。レオニさんの絵本は大人にぐっときますね、ストーリーも絵も。

    掲載日:2013/06/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マシューのゆめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット