ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

マシューのゆめ」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

マシューのゆめ 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
ISBN:9784769020172
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,629
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の道の見つけ方

    将来自分は何になるのだろう。
    子ども時代の夢は様々です。
    それが一生のものになるにはいろいろな道があるのです。
    マシューはそれが絵との出会いでした。
    絵と出合い、将来の伴侶と出会い。
    自分の生活になりました。
    マシューが美術館で見た絵に対する感動もすごいですが、様々な絵を描いて見せたレオニは素晴らしい。
    いろいろな絵と出会ったから、マシューの夢が芽生えたのでしょう。
    マシューの描く絵が独自的なのも、素晴らしい。
    絵を書き分けて、説得させてしまうレオニの力に感嘆です。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本物の中から

     子どものうちから、一流のものに触れさせましょう。
     と、いうことを聞いたことがあります。

     子どもは、先入観なしに、本物をつかむ能力があるんだな、と思います。
     本物の中から、子どもは自分の道を、自分で見つけるのかもしれませんね。
     どんな夢だって、いいんです。

     と、いいながら、
     マシューのパパとママが、マシューを医者にしたがってる気持ちも、よくわかります、、、。

     きれいな色で描かれた絵は、見飽きません。
     マシューの夢と現実の対比も、メリハリがあってよかったです。

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マシューのゆめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット