おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

マシューのゆめ」 大人が読んだ みんなの声

マシューのゆめ 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
ISBN:9784769020172
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,625
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ここには

    色の魔術師と称されるレオ・レオニ。

    彼の絵本は、どのページを開いてもハッとするような鮮やかな世界が広がっていて、
    正に魔法にかけられたように、一瞬にしてその空間に引き込まれてしまいます。

    その数ある絵本の中でも、特に広い世界を持っているのが、この“マシューのゆめ”だと思います。

    そこに「スイミー」のような広い海がある訳ではありません。
    物語の舞台となるのは、貧しいねずみマシューとその両親が住む屋根裏、美術館、
    そしてタイトルとなっているマシューの夢の中という、ごくごく狭い場所たちです。

    ですが、マシューが初めて訪れた美術館の中で“ここには せかいが まるごと ある”と思ったように、
    暗く寂しい屋根裏の一角で ガラクタたちが色かたちを表した途端、マシューの中で、突然世界が広がり始めました。
    マシューは美術館へ行った事、夢を見たことで自分の世界の鍵を開きましたが、
    案外こういう些細な事が、自分の世界を広げるきっかけになるのかもしれません。

    ですが、意思を持って行動しなければ、きっとマシューは貧しく寂しいねずみのままだったと思います。
    広い世界の鍵を開いたマシューは、置かれた状況に屈する事なく、絵描きになると決め、絵を書き続けました。
    そして、“ぼくの ゆめ”を掴みます。

    どんな状況にあっても、想像する事と行動する事
    この2つで、世界はぐっと広がるのだと思いました。

    掲載日:2013/07/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵と出会いで世界が変わる

    職人が言っていたことに、こんな言葉がありました。
    「目が良くなければ良いものを見極めることができない。だから、自分は身体の中で一番目に自信を持っている。」

    この言葉がすごく印象的だったのですが、絵本を読んでいて、マシューも職人の目になる瞬間が描かれているなと感じました。

    将来何になりたいかまだわからないマシュー。
    初めて美術館に行ったときに、目の前に広がる絵に魅了されます。
    絵への感動で満たされている最中、素敵な女の子と出会うのです。

    「ここに ある え、みんな すてきじゃない?」

    素敵な女の子が自分と同じ感動をしているなんて知ったら、そりゃもう絵に目覚めちゃいますよね!

    絵と女の子と出会いに感動しているマシューは、幸せな夢を見ます。
    目が覚めて夢だったことに落胆するのですが、その瞬間からマシューの世界は変わり始めて…。

    そう、このシーンがまさに、マシューの目が変化する瞬間。


    人はいつ目が変わるかわからないですね。
    自分が何に興味を持っているのか、どこにきっかけがあるかもわからない。
    子どもにはたくさんいろいろな物を見せてあげたい。
    けど、自分ももっと外に出ようと思いました。

    掲載日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気づかされる

    屋根裏のガラクタが、マシューに違って見えた場面に読者の私もはっとしました。
    言葉は少ない絵本なのに、ゆめという大きなテーマを、的確に表現しているように思えたからです。レオ・レオニの絵本にはいろいろ気づかされます。
    大人ですが、「ゆめ」についてあらためて考えるきっかけになりました。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初来の夢を大切に

    マシューの 両親は、将来何になったらいいか 考えています。 でもマシューにはまだ わかりません?

    ある日 みんなと美術館に行って いろんな絵をみました
    そこで見た 絵 本物の絵はわからないものもありましたが・・・

    ニコレッタという女の子との出会い  夢をみて そして
    自分の本当の夢を見つけたのです

    子供は じっくりと いろんな経験して 自分の将来を決めていくのですね

    このお話はそんな意味で いいお話ですが・・・芸術家になるのはなかなか大変でしょうね 才能があるのかな?
    好きなことをいつまでも温めているのはいいものですね

    掲載日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ゆめ」

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子5歳

    子供の体験させること、実際に見せることは大事なことなんだなと親としては改めて思いました。
    何をしていいのか、夢なんてまったく分からなかったマシューは、ある日連れて行かれた美術館で芸術に触れました。芸術に触れたことで、マシューの中で何かが目覚めたのです。
    それからというもの、ただのガラクタだと思っていた、家の自分のスペースのモノたちも、色鮮やかに、なめらかに見え始めました。
    ずっと眠ってはいたけれど、マシューの中には絵描きの素質があったからこそ、マシューは気づかないうちに新聞や本や壊れたランプを集めていたのかもしれないなと感じましたね。
    ただひとつ、ニコレッタの存在は一体どういう意図があったのかが、私にはよく分かりませんでした。ただのマシューの恋?ゆめとは違う話?ニコレッタが「絵が素敵」と言ったからマシューは目覚めたの?
    うーん。やっぱりよく分かりません(^^;
    これは子供へというよりも、「親」が読む絵本かもしれませんね。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • マシューの見た世界とは…

    ほこりだらけの屋根裏にねずみの夫婦が住んでいた。ひとりむすこがいて、その名はマシュー。ねずみ一家はとても貧しかったが、マシューに大きなのぞみをかけていた。マシューがなりたいものとは…
    「世界っていうものを見てみたい。」
    というが、その意味がよくわからなかった。そして、あるとき、その先にあるものが見えた。これこそが、作者の考える世界なのか、求めるものなのか、なかなか奥の深い世界に脚を踏み込んだような気持ちになった。そて、マシューの描く絵が何を指しているのか、想像を膨らませることができた。気になるのは、ニコレッタの存在。

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆめはかなうもの

    コラージュで描かれているねずみたちがかわいい!本当にやりたいことを見つけることが生きていくのに大切だということを、分かりやすく教えてくれます。マシューが抽象画家になったのもおもしろい。美術館には沢山の想像するヒントがあるようです。

    掲載日:2013/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢みつけた!

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子13歳、男の子10歳

    マシューは貧しいネズミの子供。
    親は医者になってお金持ちになって欲しいと思っていた。

    ある日、お友達と美術館へ。
    そこで、絵画とニコレッタというガールフレンドに出会う。

    夢の中で、マシューは実感したんだ。
    ボクは絵描きになると。

    目に見える物が、その時から美しくイメージできるようになった。
    何事もポジティブな気持ちでいると、夢が近づいてくるという
    その瞬間が描かれていた。
    ポン!っと音がしたような気がした。
    画期的表現だな、と思った。

    描かれる絵が、マシューによるものと
    わかるような気がした。

    レオ=レオニの作風と色合いや、形がどことなく違うもの!

    息子達には、その瞬間どんな音がするだろう。
    いつそんな時がやってくる?

    楽しみに待っています。

    掲載日:2013/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 将来の夢

    • キャッティーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳、女の子1歳

    親に大きな望みをかけられ期待されるマシュー。
    私は、ここまで強く望みはしないが、
    やはり我が子には立派な子になって欲しいと願ってしまう。
    そんな期待は、子にとって大きな負担なのはわかっているのに。
    私も、親の押しつけが嫌だった。

    私も、マシューのように将来の夢なんてなかった。
    夢が出来ても、親に強く反対され夢をあきらめざるを得なかった。
    だから、自分の夢を実現できたマシューがまぶしかった。
    マシューのように、夢に向かって突っ切って行ったら
    今頃私はどうなっていただろう?
    お嫁さんと夢を手に入れたマシューのように輝いていたかもしれない。

    我が子が大きくなって、夢ができたら応援してあげられるかな。
    叶うよう、何かしら協力してあげられるかな。
    色々と考えさせられた1冊でした。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心を豊かにしてくれる絵本

    レオ・レオニのねずみがでてくる作品(フレデリックやジェラルディンなど)は、心を豊かにしてくれる絵本が多いような気がします。

    どの作品も最初は主人公がどうなってしまうのだろうと
    ヒヤヒヤしてしまいますが、最後にはハッピーエンドになります。
    かわいらしい絵で、文章も短いので、子供に読んでみましたが
    この3作品は、もしかすると子供向けではなく
    子供を育てる親向けなのかなぁ。と感じました。

    大切なことや、心を豊かにしてくれることは世の中にはたくさんあると

    そんなことを感じましたが
    とても綺麗な絵なので、子供にもおすすめの絵本です。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マシューのゆめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット