もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おさるのジョージ とっきゅうにのる」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

おさるのジョージ とっきゅうにのる 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:渡辺 茂男
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784001109443
評価スコア 4.24
評価ランキング 16,303
みんなの声 総数 20
「おさるのジョージ とっきゅうにのる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • それは危険!

    2歳の息子がジョージが大好きで、乗り物の話だったので、迷わず図書館で借りてきました。

    『ひとまねこざる』時代と違い、『おさるのジョージ』シリーズでは、ジョージのいたずらがなぜか結果として感謝されちゃった!という理不尽(?)な展開が多くて好みではありません。いたずらが人助けになれば嬉しいですけど、大きな子がくすっと笑える話ではあっても、あまり小さい子に何度も話して聞かせる話でもないように感じていたからです。

    その点、この絵本では、時刻表の文字盤をいたずらしたことはさておき、ジョージは小さな男の子が線路に落ちるのをやめさせようと思って行動し、それがそのまま評価されたので良かったです。

    とは言え、小さなジョージがホームで走って行っておもちゃを危機一髪拾うというのはとても危険ですよね。我が身の危険を顧みずに人助けをするのは立派な話かもしれませんが、やはり小さい子には真似をしてほしくないので、繰り返し読んでやるような話ではないと感じました。

    ところで、題名が「特急に乗る」だったので、その点を期待していたのですが、話題は特急に乗る前の駅での出来事です。

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おさるのジョージ とっきゅうにのる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『はじめてずかん415』 編集者 瀬島明子さんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット