庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ちょろりんのすてきなセーター」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちょろりんのすてきなセーター 作・絵:降矢 なな
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1993年03月
ISBN:9784834011937
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,092
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • セーターみたいにあったかいお話でした

     どうしても欲しいものは、お小遣いから。
     足りないのなら貯まってから。
     急遽欲しい時には、お手伝いでお小遣いを増やす努力を。
     
     寒がりなとかげのちょろりんをとりこにした春の原っぱ色をしたセーター。
     ちょろりんは頑張りましたねぇ〜。
     ランプ作りのおじいちゃん家でのお手伝いは、見ていてこんなとかげさんたちがいるような気持ちにさせてくれました。
     やわらかいコスモスの花びらで、ランプのほこりを拭う様子も、おじいちゃんが小鳥の羽毛ですべすべに磨きこむ様子も素敵です。

     53個のランプと格闘しランプ屋さんに届けるところまでお手伝いししたのだから、少し赤いお金をおまけしてくれるのかな?と思ったら、きっちり2枚でした。
     私は甘いな〜!
     労働の尊さと厳しさをおじいちゃんは、このきっちり2枚の赤いお金でちょろりんに教えてくれたんですね。
     
     やっとお金がそろってお店に行ったら、なんとお目当てのセーターはへびさん用で、ちょろりんには、だぶだぶ・・・。
     ここまでちょろりんを応援してきた小さい読者さんもガッカリでしょう。
     でもでも、お店のびきびきおばさんも素敵な人でした。
     読んでいてセーターみたいにあったかいお話でした。

    掲載日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • いい出会いでした

    譲ってもらった絵本です。

    表紙をみただけでは、まず手に取らなかっただろうと

    思う絵でした。

    とかげが5ひき描かれている表紙です。

    でもお話を読んでみたら、イヤな印象は消えました。

    とってもステキなお話です。

    祈れば願いはかなうし、見た目が怖そうな人でも

    実はとてもあったかい人いるということなど、

    いいことがいっぱい含まれていました。

    絵が独特で惹かれます。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春色のセーター

    • 苺ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    かわいい絵だなあと思い手に取りました。

    トカゲが出てくる絵本は少ないかもですね。
    キャラクターの特徴が好奇心をくすぐります。


    セーターが欲しい寒がりやのとかげさん。
    欲しいものがあったとき

    努力してそれを手にいれる
    ということをこの本を見てなんとなく

    子どもも感じたりするのかなあ

    結果、ちょろりんは徹夜でお手伝いをして

    欲しいものをきちんとお金を払って購入するということをやりとげました。

    絵本の色彩も

    この季節にぴったりです。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心も温か♪

    主人公は、寒がりのとかげの男の子、ちょろりん。
    店頭に飾ってあるセーターに一目ぼれしたちょろりんが、セーターを手に入れるために奮闘するお話です。
    セーターのお値段は、おこづかいではちょっと足りない。
    そこでちょろりんは・・・。

    欲しいものを手に入れるためには、お金が必要。
    お金を得るためには労働が必要なんだという世の中の仕組みもわからせてくれます。
    可愛い孫を甘やかすことなくちゃんと働かせてくれたおじいちゃん。
    ちょろりんのためにわざわざ手と時間をかけてくれたびきびきおばさん。
    登場人物もとても素敵な人たちです。
    心が温まるいいお話です。

    掲載日:2009/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな大人たち

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    とかげのちょろりんが、どうしてもほしいセーターを
    手に入れるためにがんばるお話です。

    他の方もかかれてますが、登場する大人がみな毅然としていていいです。
    ネダっても与えないお母さん。お手伝いするならといって、夜遅くまで一緒にやり遂げるおじいさん。
    それから、洋品店のおばあさんも怖そうでいて実は優しい。
    ちょろりんに対する温かい愛情に満ちていて、いいなと思いました。

    絵もリズムがあって、大きな蛙のおばあさんの場面や
    セーターが大きすぎる場面は子供も大笑いしてました。

    ちょろりんは、春色のセーターにつつまれてほっこり暖まりましたが
    こちらの心も温まるようなお話でした。

    掲載日:2009/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほしいもののためにがんばる

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

     5歳の娘に読みました。彼女は純粋にお話を楽しんでいました。
     思わぬ副産物は小学生の兄たち、こづかいが友だちとの駄菓子に消える兄、こつこつとため込む弟…欲しいもののためにこづかいを使う、足りなかったら努力するちょろりんのがんばりにこづかいの使い方を考えさせられたようです。
    「本当に欲しいもののために頑張っているちょろりんってえらいね。」
    と言うと、
    「お手伝い、頑張って買う。」
    「無駄遣いはやめとく。」
    と一時的にも考えられて、ちょっとラッキーでした。
     自分の力で本当に欲しいものを手に入れたときの嬉しさを感じられるすてきな本です。

    掲載日:2008/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • とかげが主人公。

    今とかげをかっている娘が喜ぶと思い、図書館で借りてきました。
    気難しやだと思っていたびきびきおばさん(かえるです)が、がっかりしているちょろりんに優しくしてくれるくだり、じーんと来ました。
    子供に、「物を買うということは、頑張って働いて得たお金が必要なんだ」ということを教えてくれるいいお話でした。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちょろりんのすてきなセーター」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット