ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おならばんざい」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

おならばんざい 作・絵:福田 岩緒
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年10月
ISBN:9784591016725
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,467
みんなの声 総数 31
「おならばんざい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なつかしい教室の風景

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子5歳

    小学校の教室が、舞台のお話です。
    教室内の様子、
    その机、
    その椅子、
    その木のぬくもり感、筆入れなど、どれもこれも懐かしく小学校に通っていた頃のいろいろなことを思い出して、読み聞かせをしながら、小学校のときのことがフラッシュバック。

    テーマも「おなら」で、息子には大ウケでした。
    「ヘッヘッ、へがでる3秒前」のセリフにもう大爆笑です。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵な教室

    3歳次女が図書館で選んできた絵本です。「なぜにこれ?」と思ったのですが、良かったです。本当は「おならって?またお下品なものを」なんて思ってしまったのですが(ごめんなさい…)おならについて先生が授業を始めるのですが、こんな和やかな感じの教室っていいなあと思いました。5歳長女と3歳次女は「おならやって?」「おならおなら」なんて笑っていましたが、とってもいい絵本だと思います。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おなら

    出物、腫れ物ところ構わずとはよく言いますが、人前でおならをすることに全く罪悪感がない様子の息子。年中さんだから許されているものの、せめて人前では遠慮することを覚えて欲しいという思いも込めて読みました。

    授業中に思わずおならが出てしまった“ようこちゃん”をきっかけに、一年生のクラスでみんなが“おなら”について話します。各々自分のうちの事情を話し始めるとだんだん脱線して行ってしまうようですが、最後はちゃんとクラスが一つにまとまる展開や、なによりこの教室の雰囲気がとても明るくていいのです。関西弁でのやりとりもいいのでしょうね。それと先生のキャラクターと子供達の屈託のない笑顔が素晴らしいです。

    息子は、好き勝手が通じる保育園とは違う、一体感を感じる小学校に興味があるようで、何度もクラスの様子を見返していました。僕は“てつお”にクセを読まれてしまう単純でいて愛嬌のあるひげの先生が、最後にてつおにお見舞いする(てつおが慌てふためく)一言が大好きです。息子にはまだ甘酸っぱい感覚はわからないでしょうけど、おならのおかげでみんなが笑顔になれて「おなら ばんざい」というタイトルもぴったりなこのお話しが大好きなようです。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑顔になるお話

    • やや子さん
    • 30代
    • ママ
    • 沖縄県
    • 男の子5歳、男の子3歳、男の子0歳

    子どもの興味をひくおならのお話。
    あちこちの場面で「ぷうう」「ぷりっ」…とおならの話題が出てきて息子達も笑って聞いてました。
    でも、文がちょっと長いので早く先をめくりたがったりしてました。
    ところどころはしょって読んであげた方がよかったみたいです。
    もう少しお兄ちゃんになったらもっと理解できるかな?

    掲載日:2008/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学校ばんざい

     先日、5歳孫娘をお風呂に入れていると、おならが・・。
     孫娘、酷く小さくなって「ごめんなさい」。
     そこで、絵本ナビでみかけていた本書を。
     効果てき面。
     以後は、にっこり笑って「でちゃった」。

     孫娘は、現在、保育園「年中」さん。「年長」さんの入学準備に刺激されているのでしょうか。「給食番長」から本書へと学校ものに興味津々の様子です。
     てつおとようこのサブ?ストーリーにも感じるところがあるようで、繰り返し一人読みしています。
     描かれているほのぼのとした教室、「お勉強」だけではない学校の魅力を、孫娘が感じとってくれていれば、嬉しいことです。

    掲載日:2007/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おならばんざい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / はじめてのおつかい / こんとあき / ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット