だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ソメコとオニ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ソメコとオニ 作:斎藤 隆介
絵:滝平 二郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1987年
ISBN:9784265911110
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,649
みんなの声 総数 28
「ソメコとオニ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ソメコと鬼

    斉藤隆介さんの絵本の中ではめずらしく、
    くすっと笑ってしまう絵本です。
    ソメコを誘拐するものの、
    寝る間もないほどソメコに遊び相手をさせられて、
    途方にくれる鬼。
    身代金を要求するはずが、
    頼むから引取りに来てくれ、とソメコの父親に泣きつきます。
    常に楽しげなソメコの表情と、
    次第に困惑気味になる鬼の表情の対比が面白いです。
    娘もかなり気に入ったようで、毎日のように読んでいます。

    掲載日:2011/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いソメコ

    娘が「これ、すごく面白いから読んでみて」と持ってきたのがこの本です。
    少し前に、どなたかに読んでもらったことがあるとかで
    思い出深い一冊だったようです。

    ネグレクトぎみのソメコ・・・。
    農作業のある田舎のことで、今のように便利な機械や道具もなく
    老若男女が忙しくしている昔の生活が感じられます。
    そんなだれにも遊んでもらえないソメコが
    人攫いの鬼をもこわがらず、「絶好の遊び相手」と捕らえているところが面白いです。
    かくれんぼをしながら、ソメコの目を盗んで
    助けの手紙をしたためる鬼は、コントのようでした。
    迫力あるきり絵の絵本ですが、気軽に笑える一冊です。

    掲載日:2009/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ソメコとオニ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット