ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ぼくはおにいちゃん」 大人が読んだ みんなの声

ぼくはおにいちゃん 作:小野 洋子
絵:いもと ようこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1981年
ISBN:9784333010370
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,043
みんなの声 総数 20
「ぼくはおにいちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと残酷な部分

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    お兄ちゃんになったノンタ。
    ヤキモチから、弟たちを散歩に連れて行き、このまま置いてきちゃおうかとか、オオカミに食べさせちゃおうかとか考えます。これが意外でした。オオカミに食べさせるなんてちょっと残酷な思惑ですよね。“置いてきちゃおうか”までは読めましたが、さすがに“食べさせる”ってのはショッキングな感じがしました。なんかリアルだし;;
    もちろん、思いとどまることで、お兄ちゃんへの階段を一段ずつ上がっていくのでしょうが…。
    お兄ちゃんお姉ちゃんになる(なった)子へ贈りたくなる絵本はたくさんありますが、個人的にはそういう気持ちにはなれなかったです。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • ただいまの晴れやかな笑顔が嬉しい

    全ページお試し読みで読みました。
    いもとようこさんの絵がとてもかわいいです。
    ちいさい五つ子のあかちゃんを、
    おにいちゃんはどこかにおいてきちゃえって思ってしまうのですね。
    でもそのたびに、こんな風になったらかわいそうと思って、、。
    いつの間にか、おにいちゃんの自覚が芽生え、家族への愛情、
    ちいさな命への愛が喜びになるのが、
    とても素敵に表現されていると思いました。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういう風に考えちゃうだろうな〜

    お兄ちゃんお姉ちゃんは、つらいですね。
    弟妹が、生まれてくるまでは、お母さんとの蜜月があったのに、突然二人の絆にはさみを入れられたような。疎外感を小さな胸に抱くんですね。

    ノンタがなんとかこの弟妹を捨ててきちゃおうと考えるページで、こういう風に考えちゃうだろうな〜って、共感しました。

    でも、できなかったノンタ。
    できなくて良かった〜。

    長男長女に生まれようが、次男次女に生まれようが、人は必ずどこかで人生のハードル(例えば、末っ子は親と過ごせる時間が一番短いとか。)に直面するんでしょうね。

    そして、その人なりのひととなり″ができていくのでしょう。

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんの気持ち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    下の子が生まれてやきもちをやいている上の子にいいかなーと思って試し読みしてみました。
    おにいちゃんの気持ちがわかる気がします。
    「下の子をすててきちゃえ!」というのは言われれば「そんなこと言っちゃダメ!」となりますが、たしかに上の子の気持ちはわかるんですよね…。
    上の子の自覚はこのお話のようにいっしょにいるうちに自然と生まれてくるものかな、と思いました。

    掲載日:2014/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「そうか。ぼくは・・・」

    とても優しい絵本です。
    お兄ちゃんが赤ちゃんたちにやきもちを妬いて
    捨ててしまおうとする展開にはドキッとしましたが、

    いざとなると出来なくなってしまうお兄ちゃんをみて、ホッと一安心。

    赤ちゃんのために頑張っている自分
    赤ちゃんを泣かせたくないと思っている自分・・・

    そんな自分に気がつき、
    「そうか。ぼくは おにいちゃんなんだ・・・」と自覚します。

    その瞬間から、
    きっともっと楽しい毎日が始まると思います。

    掲載日:2014/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気づかされました

     わたしには兄がおりますが、面倒見がよく、結婚した今でも気にかけてくれます。

     この絵本を読み、兄もこのような寂しい気持ちを抱いたことがあったのかなと考えさせられました。

     改めてお兄ちゃんは偉大だなと思いました。
     

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 救い&共感

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    あれ?なつかしいかも・・・
    と、『全ページ立ち読み』で読ませていただきました

    私も下に弟が2人(それも、双子!)がいますので
    ノンタの気持ちがよ〜くわかります

    「捨てちゃぇ」という残酷に思えるようですが
    決してそうではないと思います
    本当の気持ちを押し殺してはいけないと思います

    ノンタだってそうなように
    「でも、食べられちゃかわいそうだ・・・」とか(^^ゞ

    相反する気持ちを正直に出して、考える・・・

    おかあさんにも正直に打ち明けたいけど
    母は、余裕はなく
    我慢を強いたり
    逆に怒られちゃったりするのが
    世の常です

    この絵本が、少しでも兄・姉の気持ちのバイブル?
    になるといいのかも

    保育園勤務の時は、よく読ませられました(^^ゞ

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • うるうるしました

    いもとようこさんのイラストがとても可愛らしいですね。
    お兄ちゃん、お姉ちゃんなら誰もが小さい時思ったのではないでしょうか?嬉しいのだけどお母さんは赤ちゃんにばかり、もぉってノンタの気持ちがわかって涙が出てきました。

    よし赤ちゃんを置いて行っちゃおう、そうすれば僕だけ可愛がってもらえる。
    そうした子供の気持ちもすごくよくわかって、二人目、三人目ができた時に上の子が寂しくないように、忘れないように時々読み返したいお母さんやお父さんの絵本でもあると思います。

    最初はいなくなっちゃえばなんて思っていたノンタが、お兄ちゃんぶりを発揮した時にはよく頑張ったね、やっぱりお兄ちゃんだねと褒めてあげたくなる。
    読んであげる年齢は4.5歳ぐらいかなと思いました。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃんは切ないですね

     ノンタは何歳なんでしょうか。おにいちゃんになった、といってもまだまだ甘えたい歳なんでしょうね。
     ノンタの気持ちがとても切ないですが、、、おかあさんの気持ちもよーくわかります。あかちゃんの世話はほんとうに大変です。こんなとき、おとうさんやおばあちゃんなど、周りの人がサポートしてくれるといいなと思います。
     
     おかあさんが、短い時間でもノンタをギュッとしてくれたら、ノンタはもっといいお兄ちゃんになるだろうなと思います。

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくはおにいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット