あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

パンのかけらとちいさなあくま」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

パンのかけらとちいさなあくま 作:内田 莉莎子
絵:堀内 誠一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1992年02月
ISBN:9784834010831
評価スコア 4.83
評価ランキング 140
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すっきり爽快な展開

    • たっちママさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、女の子1歳

    私が小さい頃に読んでもらった記憶のある絵本です。
    特別好きというわけでもなかったのですが、たまたま手に入ったので4歳の息子に読み聞かせたところ、いたくお気に入りになりました。
    ストーリーは昔話ということで、主人公と悪役がはっきりしていて、窮地に陥る主人公が最後には勝利をおさめるオーソドックスなものです。
    ただ、主人公を助けるのが本来なら悪い存在であるはずの悪魔というのが面白いですね。
    堀内さんの絵の素晴らしさとあいまって、悪魔くんもとてもかわいく見えてきます。
    やはり、この手の悪者やっつける話は特に男の子には痛快なのかもしれません。
    色々なタイプの昔話を読み聞かせてやりたいと思っているのでよかったです。

    掲載日:2014/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい悪魔のお話

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    とても貧乏なきこりのお弁当の小さなパンを盗って来た小さな悪魔。
    大きな悪魔たちはかんかんに怒って言いました。
    「今すぐ謝りにいって、お詫びのしるしにきこりの役にたつことをやってこい!
    それまでは帰ってくるな!!」
    小さな悪魔はきこりに謝り、沼を見事な麦畑に変えていきます。
    しかし出来上がった麦畑の噂を聞いた地主がやってきて・・・。

    タイトルからしてどんなお話なんだろう?と思っていましたが、
    小さな悪魔も大きな悪魔も、いわゆる「悪魔」のような
    悪いことをする存在ではなかったことに驚きました。
    とっても優しくて純粋で、とても魅力的な悪魔でした。

    小さな悪魔の働きっぷりと小気味よい知恵に胸がスカッとします。
    強欲な地主の方が、よっぽど悪魔みたいでした。

    最初はなんとなく怖いお話を想像していた娘たちも、
    優しい悪魔のお話に完全に惹き込まれていました。

    最後に大きな悪魔たちに褒められて照れているような小さな悪魔の姿に
    娘たちと「良かったね(^^)♪」と笑顔になった一冊でした。
    自宅の本棚に並べたい一冊になりました。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 痛快

    貧乏な木こりのパンを盗んだ小さな悪魔。
    それを知った大人の悪魔たちは小さな悪魔をしかりつけます。
    そして償いに木こりの役に立つことをしてくるように指示します。

    この絵本に出てくる悪魔は、
    完全悪の悪魔というよりはいたずらものの妖精といった感じ。
    むしろ人間の世界を牛耳る地主のほうが、
    よっぽど非道で、たちが悪い。

    頭の回転も速く素直な悪魔。
    なんともかわいらしく、頼もしい。
    誠実な木こりとのコンビが
    地主をギャフンとさせるのは痛快です。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一見怖い絵本?!そんなことないよ!!

    もうすぐ5歳になる息子に何度か読んでいます。

    最初にパラパラと息子が絵を見たとき
    とても怖い絵だったからか、読まないで!と言ってきました。

    けれど「ママと一緒だから大丈夫だよ」
    と伝え読んだところ、あくまは怖いどころか
    とってもやさしく、息子も安心して最後まで聞くことができました。

    こういう絵が怖そうな絵本は、子供が積極的に読まないだけに
    親が一緒に読んであげて、安心させてあげるのがいいなとつくづく思います。

    この絵本はリトアニアの民話なのですが、難しい内容ではなく
    とても読みやすかったので、子供もとっつきやすいと思います!

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • リトアニア

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子1歳

    民話や昔話の絵本を、多く読み聞かせてやりたいと思い、
    やっぱり定番の福音館書店のものから選ぼう、と手に取りました。

    貧しい木こりのお弁当であるパンを盗んでしまった
    小さな悪魔。
    さて、悪魔なだけに、悪いことをして褒められるのか、と思いきや、
    でも、大きな悪魔たちは、「今すぐ謝りに行け。何か木こりの役に立つことをするまで、帰ってくるな」と小さい悪魔に言い渡します。
    なんていい悪魔たち!

    木こりは、小さな悪魔に「なにか言いつけてください」と言われ、
    地主が持っている沼地を干して、麦畑にしてほしいと頼みます。
    強欲な地主に奪われそうになりますが、
    知恵を使って取り戻し、地主はびっくりして死んでしまいます。

    リトアニアでは、悪魔は邪悪なものではなく、妖精とかエルフに近いのだそうです。
    昔は、カトリックではなく、独自の精霊を祀ったりしていたそうなので、そのあたりの文化も影響しているのかも。
    また、一見悪いことでも、ユーモアでポジティブにとらえたりする気質があるのだとか。
    このお話に通ずると思いませんか?

    こんな悪魔だったら、日本にもいたらいいですよね☆

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • あくまだけど

    リトワニア民話の再話です。

    貧乏なきこりのパンを盗んだ小さなあくまが、大きなあくま達に怒られて謝りに行き、お詫びに沼地を麦畑に変えるお手伝いをします。

    しかし、沼地の持ち主である地主に麦を全部取られてしまいますが、ちいさなあくまの機転で取り返すことができてきこりは裕福になり、あくまは許してもらって家に帰ることができます。

    4歳の子供には、機転を効かす場面など話の展開事態はあまりわかっていないようでしたが、あくまはみんな悪いと思っていたのが「人のものを盗むのは良くない」と怒る場面に「あくまさんも優しいんだね!」と感動していました。

    もう少し大きくなって、このお話の意味を深く理解できるようになればいいなと思いました。

    掲載日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「パンのかけらとちいさなあくま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / そらまめくんのベッド / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット