ブルドッグたんていときえたほし ブルドッグたんていときえたほし ブルドッグたんていときえたほしの試し読みができます!
作・絵: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
谷口智則さん新作絵本!星が消えてしまった世界のおはなし

パンのかけらとちいさなあくま」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

パンのかけらとちいさなあくま 作:内田 莉莎子
絵:堀内 誠一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1992年02月
ISBN:9784834010831
評価スコア 4.82
評価ランキング 176
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 貧乏な木こりのパンを取ってしまったのは、悪意と言ってしまっては可哀想かも知れません。
    仲間の悪魔に諭されて、小さな悪魔くんが行った善行は信じられないほど素晴らしい事だったし、頭のよさも証明して見せました。
    沼を麦畑にできるかと意地悪を言った木こりの気持ちも変えてしまいましたからね。
    してやられた地主さんがポックリ死んでしまったことは余計でしたが、とても素晴らしいお話です。

    掲載日:2017/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪魔じゃないよね

    この絵本に登場しているのは、悪魔なんかじゃないですよね。
    恩返しのスケールが、ものすごく大きくて驚きました。
    きっと、今までコツコツと頑張ってきたきこりの努力が、報われたとも言えるのではないかと思いました。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めない悪魔

    「悪魔」という言葉を聞くと、どんなことを思い浮かべるでしょうか。
    人を惑わし、心の隙間から入り込んで弱さにつけこみ、悪い心をあおって堕落に導く…なんともまがまがしい感じですよね。
    でも、このお話に出てくる悪魔はちょっと違います。
    背は低く子供くらいで、ピンピンにとがった赤い髪、ギョロリと開いた目、口まで裂けそうなほど大きな口と見た目は少し変わっていますが、悪魔というよりはいたずら好きな小人のイメージ。
    そんな小さい悪魔が活躍する絵本です。

    お話はとある森の中から始まります。
    一人の貧乏なきこりが働いている隙に、小さい悪魔が現れ、こっそりお弁当の小さなパンを盗んでしまいます。
    住処に帰った小さい悪魔は、なけなしのパンを盗んだことを大きい悪魔達に叱られ、きこりの元に戻ります。
    「お詫びに何かさせてください」
    泣きながら謝った悪魔に、きこりはどろどろの沼を麦畑に変える手伝いを頼むのですが…?

    このお話は私が子供の頃大好きだった絵本で、懐かしくなって図書館で借りてきたところ子供達も気に入ってくれました。
    お世辞にも可愛いとは言えない風貌ですが、この小さな悪魔がなんとも憎めないのです。
    きこりの麦を横取りしようとする地主との対決では、スカッとすること間違いなし。
    最後のページでは、小さい悪魔が住処に戻った場面も見られますよ。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「パンのかけらとちいさなあくま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット