そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

ころわんはおにいちゃん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ころわんはおにいちゃん 作:間所 ひさこ
絵:黒井 健
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1986年
ISBN:9784893254511
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,926
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おにいちゃん

    前頁試し読みで読みました。やさしいころわんがやっぱり頼もしく感じました。ころわんは、あかちゃんねこを見捨てないで面倒みるのが、とても頼りになるしよかったです。ころわんが、「おにいちゃん ばいばい・・・」って言われて照れながらもその気になっているのがとても可愛かったです。
    1歳5ヶ月の孫も今年中におにいちゃんになる予定なので、「おにいちゃん」と呼ばれるのが、わけがわかっていないみたいですが、まんざらでもなさそうで照れてるところが、ころわんとだぶりました。

    投稿日:2014/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新年度にぴったり!進級した子どもたちへ。

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    ころわんシリーズは、絵もほんわかかわいいし、ストーリーもさりげない日常がかかれていて共感でき、親子で大好きです♪

    古本屋さんでGETして、未読だったこの絵本、2年生の次女にリクエストされて(先日読んだ『ゆきのひのころわん』といっしょに2冊)読みました。

    タイトルから、ころわんに弟か妹が生まれるのかと思ったら、迷子のこねこちゃんのお母さんを探してあげるというストーリーでした。(表紙を見ればわかりますね。)

    こねこちゃんがころわんのおっぱいを飲もうとしたり、お姉さん猫に「おばさん」と声をかけて怒られたり・・・プププと笑えるエピソードもあって、楽しいです。

    誰でも、小さい子に頼られると、はりきって、お兄ちゃん(お姉ちゃん)ぶりを発揮するもの!

    末っ子の次女は、お家ではお姉ちゃんになれなかったけど、今日から新年度=2年生!
    学校では、1年生に優しく接してあげる、優しいお姉ちゃんになってほしいな。

    弟や妹が生まれて、本当にお兄ちゃん、お姉ちゃんになった子はもちろん、学年が上がってはりきってる、幼児や小学校低学年の子たちにもおすすめです♪

    投稿日:2008/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ころわんはおにいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット