だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

カエルくんのおひるね」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

カエルくんのおひるね 作・絵:宮西 達也
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784790250609
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,105
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「みずたまり」のほうが好きかな〜

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    何日も雨が降らない暑い日。カエルくんは木の上で昼寝を始めました。
    すると下から何かがやってきました。
    うわー!カマキリだ!
    カマキリはカエルくんを狙っています。カエルくんピンチ!
    かと思いきや、また下から何かがやってきて・・・。


    「カエルくんのみずたまり」がすごく気に入っていた息子たちなので、同じシリーズのこちらも読んでみましたが、息子たちは「カエルくんのみずたまり」のほうが好きみたいです。
    私個人的にも、「あり得ないでしょ!」とツッコミたくなる「みずたまり」と比べ、この「おひるね」は現実的な感じがするので、そういう意味ではちょっとつまらなかったかなぁ。

    掲載日:2010/12/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • カエルく〜ん!起きて〜!

    宮西達也さんの可愛い絵のカエルくんを見て下の子(年中)が
    気に入り読みました。

    表紙の絵の通り、木の枝でお昼寝中のカエルくん。
    そこへ・・・
    次々に来る動物達にドキドキ!
    「カエルくん起きて〜!」と絵本に向かって言う下の子。
    わぁどうなるんだろう。と私もドキドキ。

    さあカエルくんどうなる?!
    最後の落ちが面白かったです。
    親子でドキドキしながら楽しんで読んで見てください。

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 梅雨の時期にピッタリ!

    • なぁちさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    3歳児〜5歳児を対象に読みました。
    カエルくんがお昼寝をしていると、下からにゅーっと何かが出てきます。

    うわーカマキリだ!
    …と、次々に下から上から何かがやって来ます。
    子どもたちは次に来たのは誰かを予想して、やっぱり!とか、えー!などなど考えながら楽しんでいました(^^)

    雨が降ると外遊びなどが出来なくなり、残念な子どもたちですが、カエルくんのように、生物や植物には雨もとても大切なのだと言うことも、伝えられる絵本だと思います!

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暢気なかえるくん

    宮西達也さんの作品だったので選びました。

    暢気なかえるくんのお昼寝にまったりしますが、次から次へかえるくん

    を狙う者にドキドキしっぱなしでした。

    かえるくんは、雨にはやっぱり生き返れるのですね!


    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキと楽しいです。

    • ドーナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子11歳、男の子4歳

    息子が選んだ絵本。
    とっても楽しくてよかったです。
    お昼寝をしていて、何があっても起きないカエルさん。
    息子は、次々と出てくる生き物を当てるのが楽しかったようです。
    何度読んでも飽きず、毎日読みました!
    のんびりマイペースのカエルさんに、親子で癒されお気に入りの絵本になりました。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「あぶない!」の声が何遍かかったことか

     泰然自若、大物なかえるくん。
     
     お昼寝のとちゅうで、何遍の危機に遭っているか、まあ、気づかないから幸せかも知れませんね。
     
     読み手の方がはらはらどきどきしちゃって、こどもたちから「あぶない!」の声が何遍かかったことか。

     次々にあらわれる、危険なやから。『次のページはもっとすごいぞ。』って、危険がだんだん大きくなって行くのが、想像させられてし
    まいます。

     ふと気づき、改めて絵本をじっと見てみると、そんなにたくさんの色は使われていないんですよね。
     それにしても迫力ある宮西ワールドでした。

    掲載日:2009/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「カエルくんのおひるね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / こんとあき / めっきらもっきらどおんどん / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット