ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

とにかくさけんでにげるんだ−わるい人から身をまもる本」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

とにかくさけんでにげるんだ−わるい人から身をまもる本 作:ベティー・ボガホールド
絵:河原 まり子
訳:安藤由紀
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年
ISBN:9784265006168
評価スコア 4.76
評価ランキング 616
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幼稚園児から…

    • 真冬さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    現在年長の息子が小学生になったら、もしかしたら友達と一緒に公園や私の目の届かない所に行くことがあるかもしれないと思い、この本を購入しました。
    世の中の多くは良い人なのだけれど、中には悪い人もいるから気をつけなければいけないという事が幼稚園児にもわかりやすいように具体的な事例とともにかかれています。
    一人で出かけるようになる前の年齢のお子様に是非おすすめします。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大切なこと

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    ちょっと長いし、内容も難しいかなぁと思いつつ、5歳の娘に読んでみました。
    まだ一人で外に出すことはないですが、だんだんと行動範囲が広がってきたので、早いうちから注意は促していきたいと思って。
    どこまで理解できたか分かりませんが、最後まで真剣なまなざしで聞いていました。
    基本的には、周りの人はみんないい人だって教えたいんです。
    でも、子どもに危害を加える人だっています。
    この絵本を読みながら、親切で子どもに声をかける人とそうでない人、それを区別させるのはなかなか難しいことだと感じました。
    安全策をとるためには、やっぱり構えて対応することを教えないといけないのかな。
    何だか悲しいなぁ。
    決して読んで楽しい絵本ではありませんが、大切なことを伝えてくれます。

    掲載日:2010/12/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とにかくさけんでにげるんだ−わるい人から身をまもる本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット