だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おめんのえほん」 大人が読んだ みんなの声

おめんのえほん 作:安野 光雅
出版社:童話屋
本体価格:\1,200+税
発行日:1989
ISBN:9784924684492
評価スコア 4.08
評価ランキング 18,000
みんなの声 総数 11
「おめんのえほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お面を体感

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    絵本に、表紙から裏表紙に開いた穴!
    そう、題名の通り、お面を体感する絵本です。
    登場するのは、くま、いぬ、ねこ、さる、コアラなど。
    左にそれぞれの名前が表記されただけで、右にはそれぞれのお面が描かれます。
    もうこれは、裏からのぞいてみるしかありません。
    大人でもちょっとワクワクですよ。
    ただ、小さい子には少し難しいかもしれませんが、
    お面というものを体感するにはちょうど良いかもしれませんね。
    おもちゃ的な耐久性を考えると、やや薄手の紙質に思えますが、
    お面らしく顔に沿わせることを考えれば、このくらいが良かったのだと思います。
    親子で遊ぶツールとしてもいいかもしれませんね。
    お調子者のパパならはまりそうな気がします。
    安野光雅さんがお孫さんたちのために開発(?)し、
    見事取り合いになったというエピソード付きのようです。

    掲載日:2013/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本が身近に

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    子どもが本と出会う時、本が読むものなんて知りません。
    おもちゃのひとつなのですね。
    この絵本はまさに、そんな役割ができる絵本です。

    小さな子にはこの小さな穴からのぞくのはむずかしいでしょう。
    それをがんばって根気よく練習することも良い体験です。
    しかけ絵本のように破れやすいと、大人ははらはらしますが、この絵本はその心配もありません。

    思う存分、遊ばせてあげてほしいです。
    絵本を身近に感じて、本が大好きになってほしいです。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おめんのえほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット