くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

おめんのえほん」 大人が読んだ みんなの声

おめんのえほん 作:安野 光雅
出版社:童話屋
本体価格:\1,200+税
発行日:1989
ISBN:9784924684492
評価スコア 4.14
評価ランキング 18,517
みんなの声 総数 13
「おめんのえほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 縁日で売っているおめん
    その時代の流行りモノとかあって

    子どもの頃、きらびやかに見えましたが
    ほしいなぁ〜とは、思いませんでした
    というか
    今思えば
    「買ってなにするの?」という無言の母の圧力が
    あったのかも(笑 しれません

    高価だし・・・ね

    変身願望があるのかな?
    なんか、こどもって「お面」好きですよね
    それになりきる?
    のがたのしいのかもしれません
    だって、ほら、うさぎさんの耳とか
    それだけでもなりきっちゃいますよね?

    この安野さんの絵は
    とてもリアル感あって
    こども達は、喜ぶ子とと怖がる子に
    分かれるんじゃないかしら?

    大きなしかけではないのですが
    この目の「穴」は
    と〜ってもおもしろいアイディアだと思います

    動物以外のがあるのも
    おもしろいです!!

    1冊で、何人にも変身出来るなんて!!
    安野さん、さすがです!!

    掲載日:2018/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の顔のサイズではありません。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    「おめん」みたいにこの絵本は目の部分がくりぬいてあります。
    そしてページを開くと各ページにいろいろな動物たちのおめんが描かれています。
    動物は表紙のパンダを入れて11匹。
    それプラス中表紙と裏表紙にパーティなどで仮想した時に使うようなメガネとマスクのおめんが2つ。合わせて13個のおめんが描かれています。

    とても面白い作りですが、残念なこと絵本のサイズが手のひらよりやや大き目くらいであるうえ、くりぬかれた目の部分の穴がとても小さいので、
    大人がこの絵本を読み手が顔にくっつけて子どもたちにやる。というのはできそうにありません。
    子どもの顔ならできるかもしれません。

    掲載日:2017/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お面を体感

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    絵本に、表紙から裏表紙に開いた穴!
    そう、題名の通り、お面を体感する絵本です。
    登場するのは、くま、いぬ、ねこ、さる、コアラなど。
    左にそれぞれの名前が表記されただけで、右にはそれぞれのお面が描かれます。
    もうこれは、裏からのぞいてみるしかありません。
    大人でもちょっとワクワクですよ。
    ただ、小さい子には少し難しいかもしれませんが、
    お面というものを体感するにはちょうど良いかもしれませんね。
    おもちゃ的な耐久性を考えると、やや薄手の紙質に思えますが、
    お面らしく顔に沿わせることを考えれば、このくらいが良かったのだと思います。
    親子で遊ぶツールとしてもいいかもしれませんね。
    お調子者のパパならはまりそうな気がします。
    安野光雅さんがお孫さんたちのために開発(?)し、
    見事取り合いになったというエピソード付きのようです。

    掲載日:2013/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本が身近に

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    子どもが本と出会う時、本が読むものなんて知りません。
    おもちゃのひとつなのですね。
    この絵本はまさに、そんな役割ができる絵本です。

    小さな子にはこの小さな穴からのぞくのはむずかしいでしょう。
    それをがんばって根気よく練習することも良い体験です。
    しかけ絵本のように破れやすいと、大人ははらはらしますが、この絵本はその心配もありません。

    思う存分、遊ばせてあげてほしいです。
    絵本を身近に感じて、本が大好きになってほしいです。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おめんのえほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット