十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ラヴ・ユー・フォーエバー」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ラヴ・ユー・フォーエバー 作:ロバート・マンチ
絵:梅田 俊作
訳:乃木 りか
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,143+税
発行日:1997年
ISBN:9784265800810
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,980
みんなの声 総数 115
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母の愛はオカルト・・

    母の愛を描いた作品なんだと思いますが
    読みながら怖くて・・。
    これ、オカルト本ですかね・・。
    ハロウィン月間なので、我が家ではそう捕らえることにしました。

    文化の違いなのか、それとも訳が悪いのか・・(ごめんなさいね)
    お母さんは、息子が寝静まってから、ベットまではっていき
    (ここですごーく不気味な印象を強く持ってしまった我が家です)
    抱き上げてゆらーりゆらーりしながら
    「アイラブユー、あなたはいつまでもわたしのあかちゃん」というのですが
    それが、子供を縛り付けようとする呪いの呪文に聞こえてきました。

    娘とふたりで読んで、震え上がり
    今度は帰宅した旦那に読み聞かせました。
    「怖くない?」という私に、旦那は
    「まぁ『お母さんはいつでも息子を愛しているんですよー』といいたいんやろ。深く考えんな」と言われてしまいました。

    きっと書かれている息子と母の行動そのものを
    具体的にイメージしてはいけないのでしょう。
    ぼんやりとらえてほっこりするのが、この本の正しい読み方かな^_^;

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    4
  • 母から子へ 子から母へ

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    上の娘(9歳)がまだ赤ちゃんだった頃に読んだ。当時はまだ、母親になりたてで、毎日、毎度が無我夢中だった。
    下の息子(7歳)と娘を横にし、久しぶりに読み、
    改めて、子へ与える愛情、子から頂く愛情の深さを考えた。
    ラブ・ユー・・・♪歌う私に、照れ隠しなのか、同じフレーズを真似
    して歌う息子がいた。
    子どもたちが親世代になった頃、また読んで欲しい。
    いや、これから思春期に入り、息切れしそうになる忙しい時間が来るだろう。その時にも立ち止まり、読み返したい。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • しっかりと伝える大切さ

    多分あんまり興味をもたないだろうなぁと思いながら息子に読みました。

    そしたら、
    「英語覚えられないから日本語になっちゃうかもしれないけどいい?」と

    もう感動でした。

    田舎なのでお葬式なんかも身近に感じられ、いつか両親が歳をとって
    自分より先に死んでしまうという事が理解出来るようになっていたんですね。
    でもまだまだ長生きするから安心してね。

    お互いに「大好きだよ」と言い合ってぐっすり寝ました。

    お兄ちゃんと主人にはなかなか言えないけど、たまには言葉で伝えないといけないなぁと思いました。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ラヴ・ユー・フォーエバー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / てぶくろ / 決定版 心をそだてるはじめての伝記101人 / パンダ銭湯 / 給食番長 / おっきょちゃんとかっぱ / ちいさなたまねぎさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

全ページためしよみ
年齢別絵本セット