ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

バーバパパのなつやすみ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

バーバパパのなつやすみ 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1995年03月
ISBN:9784061287686
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,694
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の色が一番好き

    前回読んだバーバパパの絵本が真冬のお話だったので、今度こそ、とこれは絶対夏だろ!と「なつやすみ」を読み聞かせました。

    夏休みだから海でのんびり泳いだりするのかなーなんて簡単に考えていたのですが、かなり大人向けですね。
    夏休みというより兄弟喧嘩がメインのお話。しかも肌の色の違いでケンカとか、人種差別問題まで含んでいるかんじです。
    たしかにテーマカラーがそれぞれにあるからそうなるとは思うのですが…重いなあ。
    自分の色が一番いい色だと思っている、という部分は妙に納得させられました。
    本当に大人向け。市販のキャラグッズとか、大人がなつかしんで使う用のとかあるけど、みんな絵本の内容知らないで使っているんだろうなあ‥なんて思ったりも。

    息子は2歳になったばかりだし兄弟もいないので理解どころかピンとくる部分もないように思いますが、案外気にいって見てくれていました。
    飛行機に変身したりと、姿が変わるのがいいみたいですね。
    ピンクがパパで黒がママ。もじゃもじゃがモジャ。というのも覚えたようなので誰が変身したのか、というクイズを自問自答(?)する遊びをしていました。

    また懲りずに他の絵本も読み聞かせしていきたいと思うのですが、次のバーバ一家はどんな問題に直面するんだろう‥と、今からシリアスな気持ちになっております。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しい兄妹喧嘩

    あたたかい場所で夏休みを過ごそうと南の島に出かけたバーバ一家は、それはそれは夢のような夏休みを過ごすのですが、あることをきっかけに兄妹ゲンカが始まってしまいます。あらあら、と思いながら読み進めるとケンカのセリフがバーバパパ一家ならではで、ぷぷっと笑えて、しかも、しまいにはバーバ一家の子どもたちは絵具まみれになり、色が特徴の子どもたちなので、もう誰が誰だかわからなくなるのですが「あ!これバーバモジャ」と形で見分けた娘の一言にみんなで大笑い。

    いつも仲の良いバーバ一家だからこそ、この「バーバパパの夏休み」は珍しい展開ですが、兄妹喧嘩をよくする我が家の子どもたちは親近感が湧いたようで、とても楽しそうに聞いています。最後にはまた仲良し一家に戻って、ほんわかした気持ちになれるお話です。

    掲載日:2016/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパなのに

    二歳なので細かい部分は分かりませんが
    バーバパパが好きでよく図書館で借ります。
    パパなのに、なぜかピンク色がママ、
    バーバモジャが、パパ、
    黄色が自分と
    名前をつけて、どこにいるか探したり
    何をしているかな、と見ています。

    夏休み、楽しいことばかり
    テントで寝たり、冒険したり。
    いいなー

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 肌の色で差別をしてはいけないけど

    『おばけのバーバパパ』を購入したところ、息子がすっかり気に入ったので、シリーズを図書館で借りてきました。

    しかし、息子が気に入ったのも、私が良かったと思ったのもシリーズのごく一部だけでした。この本は、息子にはまだ難しいようで、全く興味を示しません。

    絵本には、特にこの不思議なバーバパパ一家には、もっと子供たちを未知の世界に引き込む内容であって欲しいです。描かれた当時の社会問題を反映させすぎかと思います。

    肌の色で喧嘩をした7人がまた仲直りするという内容です。肌の色の違いで人を差別したりしてはいけないとか、みんな仲良くした方が楽しいといった教訓絵本のようで、つまらないという印象を受けました。

    ただ、息子は理解していませんが、7人が自分の色の良さを主張する場面での表現がイケていて、私には笑える内容だったので、他のシリーズに比べればちょっとだけ評価が高めでした。

    掲載日:2010/07/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バーバパパのなつやすみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

100かいだてのいえ / パンダ銭湯 / おつきさまこんばんは / だるまさんが / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット