貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぎゅうぎゅうかぞく」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぎゅうぎゅうかぞく 作:ねじめ 正一
絵:つちだのぶこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年09月
ISBN:9784790250760
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,125
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うーん

    そんなにおもしろくなかった・・・。

    ただ家族が多いだけというか

    にぎやかだし、楽しいんだろうけど

    そんなにはまらなかった。

    もう一度読んでとは言われず

    一回きりでした。

    たぶん登場人物が多すぎて

    分からなかったんでしょう。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    息子にはストライクだったようです
    我が家は4人家族ですが、エレベーターに4人で乗っている時など
    「おっ!ぎゅうぎゅうかぞくだねー」とうれしそう!
    彼の中では全員揃ってって、狭いところにいるという意味みたいです

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 近所のやおやさんにそっくり!

    週に何度か開いている露天の八百屋さん。
    どうも家族らしく、わきあいあいと
    商売をしています。
    その八百屋さんをとおるたびに、
    娘が「ぎゅうぎゅう!」といいます。
    今、お気に入りのぎゅうぎゅうかぞくと
    重ね合わせているようです。
    微笑ましい家族の八百屋さんが出てくるこの絵本。
    絵本の中でキャベツをぽいっと投げる
    シーンがあるのですが、
    この間ほんとうにそういうことが
    行われていて、
    娘はじーっと見ていました。
    しかし、どうも家族じゃないということが
    最近発覚。
    でも、娘にとってはずっと
    「ぎゅうぎゅう」の八百屋さんなんだろうと思います。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぎゅうぎゅうかぞく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / よるくま / ちょっとだけ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット