だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ぎゅうぎゅうかぞく」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぎゅうぎゅうかぞく 作:ねじめ 正一
絵:つちだのぶこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年09月
ISBN:9784790250760
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,618
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 声に出して読みたい

    テンポ良く読めて声に出して読むのが楽しいお話でした。
    本当に、今時見かけないような大家族で、賑やかでとても楽しそうな雰囲気を感じました。
    サラッと読めてしまうのですが、何度も読みたくなる魅力たっぷりです。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心だけは

     核家族で、しかも、1人っ子の我が家。としおくんの家とは、まったく異なる家族構成ですが、祖父母やいとこたちとも頻繁に行き来し、「ぎゅうぎゅうかぞく」の時間をだいじにしています。

     家族で助け合いながら八百屋さんを営んでいるとしおくんの家は、昔の下町風景を見るようで、なんだか昭和のなつかしいにおいがしますね。みんなが「ぎゅうぎゅうかぞく」だった時代は、子どもの犯罪も今よりずっと少なかったような気がします。

     家族の人数や家の広さ、生活スタイルなどに関係なく、心だけはいつでも「ぎゅうぎゅうかぞく」でいたいな、と思っています。

    掲載日:2010/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • にぎやかでいいなあ

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    私がつちだのぶこさんの絵が好きなので、読んでみました。
    つぎつぎと家族がでてくる様子は、いかにも大家族の人らしいリアクションで面白かったです。
    ただそれだけのお話で、正直内容があまりないのですが、単世帯4人で暮らしてる私にとって、ちょっぴりうらやましい図で、絵本の中だけでも雰囲気が味わえて、良いと思います。

    掲載日:2008/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの家族、そして、近所のひととのふれあいを感じました。核家族が増え、また、ご近所との交流あ少なくなり、年齢差のあるひととの普段の会話が日常生活から消えています。
    私の住んでいるところは、以前は商店街のにぎやかな町中でした。しかし、みんな郊外へと変わって行き、また、若い家族は、またまた郊外へ持ち家を求めて。
     そんな人たちの中で育つと、自然と社会性なんかが育まれるのに、今では、環境をせいびしてあげないと育めない状態です。時代の変化により、生活スタイルが変化するのは当然のことだけれど、考えさせられます。

     ただ、息子には人はたくさんのなかで過ごすと学ぶことが多いことをはなしました。

    掲載日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぎゅうぎゅうかぞく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / よるくま / ちょっとだけ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ねえ、「コワイ」って、もってる?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット